21日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で3日ぶり反発、素材・ハイテクに買い

21日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比35.36ポイント(1.23%)高の2905.97ポイントと3日ぶりに反発した。上海A株指数も上昇し、37.04ポイント(1.23%)高の3043.53ポイントで取引を終えている。



中国の政策期待が強まった。米中貿易摩擦による景気悪化の懸念がくすぶるなか、当局は一段の景気対策を打ち出すとの観測が改めて強まっている。中国人民銀行(中央銀行)が朝方、リバースレポ取引を通じ、9営業日ぶりに資金供給したこともプラスだ。米中対立の激化を警戒した売りが先行したものの、下値は固く、指数はほどなくプラスに転じ、中盤から上げ幅を広げている。



業種別では、レアアースや非鉄、建材、鉄鋼など素材関連が高い。なかでも、レアアースの中国北方稀土(600111/SH)は値幅いっぱいまで買われた。中国の習近平・国家主席は20日、希土類磁石メーカーの江西金力永磁科技(300748/SZ)を視察。政府が国家戦略物質として、レアアース産業を支援するとの期待が続いている。市場関係者の間からは、米国との通商交渉のカードとして、中国がレアアースを利用する可能性も指摘された。深セン上場の江西金力永磁科技は、連日でストップ高している。



ハイテク株も急伸。LED基盤・チップ中国最大手の三安光電(600703/SH)、通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)などがそろってストップ高した。ハイテク分野の米中対立を背景に、当局は先端技術製品の内製化に注力するとの見方が浮上している。このほか不動産株、医薬品株、消費関連株、自動車株、運輸関連株、金融株など幅広く物色された。



外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が3.48ポイント(1.20%)高の293.07ポイント、深センB株指数が11.58ポイント(1.24%)高の947.09ポイントで終了した。



【亜州IR】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索