19日の香港市場概況:ハンセン2.6%高で3日続伸、舜宇光学10%上昇

19日の香港市場は大幅に値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比703.37ポイント(2.56%)高の28202.14ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が257.05ポイント(2.45%)高の10764.70ポイントとそろって3日続伸した。ハンセン指数は約1カ月ぶりの高値水準を回復。上昇率は今年最大を記録している。売買代金は1051億4900万香港ドルに拡大した(18日は710億4700万香港ドル)。



米中首脳会談の実施決定を受け、投資家のリスク選好が強まる流れ。米中通商交渉が前進すると期待された。トランプ米大統領は18日、「習近平国家主席と電話協議し、今月28〜29日に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談することで合意した」と説明。中国国営テレビも同日、米中首脳会談の開催決定を伝えている。世界的な金融緩和期待の高まりや、香港の「逃亡犯条例」改正案が事実上の廃案となったことも好感されている。



ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面高(50のうち48が上昇)。光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が10.1%高、ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が5.3%高、マカオ・カジノの金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が5.0%高、電動工具メーカー大手の創科実業(テクトロニック・インダストリーズ:669/HK)が4.8%高と値上がり率上位に並んだ。



業種別では、空運、海運の運輸関連が高い。中国国際航空(753/HK)が8.3%、中国東方航空(670/HK)が8.0%、中国南方航空(1055/HK)が5.8%、中遠海運HD(1919/HK)が3.8%、太平洋航運集団(2343/HK)が2.9%ずつ値を上げた。ドル建て債務の多い空運株に関しては、元高メリットもクローズアップされる。昨夜からの外国為替市場(オフショア)では、人民元相場が対米ドルで大幅上昇した。



中国証券セクターも急伸。華泰証券(6886/HK)が7.9%高、中信証券(6030/HK)が6.4%高、海通証券(6837/HK)が5.9%高、広発証券(1776/HK)が4.0%高、中国銀河証券(6881/HK)が3.8%高と買われる。上海に新設されるハイテク・スタートアップ企業向け株式市場「科創板」の準備進展を材料視した。



半導体や5Gネットワーク関連の銘柄群も高い。華虹半導体(1347/HK)が6.4%高、ASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が5.5%高、中興通訊(ZTE:763/HK)が7.4%高、京信通信系統HD(2342/HK)が5.5%高、中国通信服務(552/HK)が3.5%高で引けた。



本土市場も3日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.96%高の2917.80ポイントで取引を終えた。証券株が高い。ハイテク株、保険株、医薬品株、運輸株、消費関連株、インフラ関連株、自動車株、不動産株、資源・素材株なども値上がりした。



【亜州IR】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索