19日の中国本土市場概況:上海総合2.1%高で4日続伸、ハイテク関連が急伸

週明け19日の中国本土市場は大幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比59.27ポイント(2.10%)高の2883.10ポイントと4日続伸した。上海A株指数も上昇し、62.10ポイント(2.10%)高の3020.29ポイントで取引を終えている。



中国の景気対策に期待感。中国人民銀行(中央銀行)は17日、企業の借り入れコスト低減を狙い、新たなローンプライムレート(貸出基礎金利)を導入すると発表した。また、これより先、国家発展改革委員会は16日、消費拡大のため、制度改革などを通じ、可処分所得を増加させると表明している。米中貿易問題の過度な警戒感もやや後退。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は18日、米中の通商交渉担当者による最近の電話協議について、「一段と前向きなニュースが得られた」と述べている。



業種別では、ハイテク関連が高い。指紋認証ICなどの深セン市匯頂科技(603160/SH)とIC設計の上海書爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)がそろって値幅制限いっぱいまで上昇し、スーパーコンピュータ世界大手の曙光信息産業(中科曙光:603019/SH)が7.6%、産業向けIoT事業の富士康工業互聯網(601138/SH)が5.1%ずつ値を上げた。深セン市匯頂科技に関しては、蘭NXPセミコンダクターズ(NXPI/NASDAQ)のVoice and Audio Solutions(VAS)事業(音声事業部門)の買収方針を発表したことも好感されている。



証券・保険株も上げが目立つ。中信建投証券(601066/SH)がストップ高、中信証券(600030/SH)が8.4%高、中国太平洋保険(601601/SH)が4.0%高で引けた。不動産株、医薬品株、運輸株、インフラ関連株、自動車株、消費関連株なども買われている。



このほか、深セン上場の不動産や証券、空港、港湾などの銘柄群が急騰。深セン市新南山HD(002314/SZ)や深セン市物業発展集団(000011/SZ)、第一創業(002797/SZ)、長城証券(002939/SZ)、深セン市機場(000089/SZ)、深セン市塩田港(000088/SZ)などがそろってストップ高した。中国国務院が18日、深セン市に関する金融機能の強化やインフラ整備の加速などで新方針を打ち出したことが刺激材料。域内経済が活性化すると期待された。深セン総合指数は3.1%高と上海の各指数をアウトパフォームしている。



外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が5.29ポイント(2.03%)高の265.90ポイント、深センB株指数が19.89ポイント(2.15%)高の946.73ポイントで終了した。



【亜州IR】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索