19日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で続伸、金融緩和に期待感

19日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比24.79ポイント(0.85%)高の2933.99ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、25.98ポイント(0.85%)高の3074.00ポイントで取引を終えている。



金融緩和の期待感が強まる流れ。中国人民銀行(中央銀行)が18日に実施したリバースレポ取引では、4年以上ぶりに金利が引き下げられた。人民銀はあす20日、実質的な政策金利の最優遇貸出金利「ローンプライムレート(LPR)」を発表する。LPR金利も2カ月ぶりに引き下げられるとの思惑が広がった。



業種別では、不動産がしっかり。保利地産(600048/SH)が2.6%高、金地集団(600383/SH)が1.9%高で引けた。素材株も高い。なかでもセメント関連の上げが目立つ。華新水泥(600801/SH)が3.9%上昇した。中国のセメント相場は、足もとで急騰しているという。医薬品株、消費関連株、発電株、銀行・証券株なども買われた。



ITハイテク関連株も上げが目立つ。スマホ用アプリ開発(電子書籍リーダー)の掌閲科技(603533/SH)が6.9%高、フラッシュメモリなどの北京兆易創新科技(603986/SH)が3.7%高、通信機器メーカーの東方通信(600776/SH)が3.5%高、多層プリント回路基板の依頓電子(603328/SH)が2.9%高と値を上げている。工業情報化部の直属機関、中国信息通信研究院は18日、第5世代(5G)サービス対応端末の出荷台数が10月に前月比5倍までに急増したと報告した。ハイテク各社の追い風になると期待されている。ハイテクなどベンチャー企業株で構成される深セン創業板指数は2.8%高と続伸し、他の主要指数をアウトパフォームした。



外貨建てB株も値上がり。上海B株指数が2.04ポイント(0.80%)高の256.90ポイント、深センB株指数が7.06ポイント(0.78%)高の912.08ポイントで終了した。



【亜州IR】


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る