探しているのに見つからない、そんなときに役立つ。

アップルが行った新製品発表会。

デザインを一新した新iMac。
ディスプレーの厚さが11.5mm、重さは5km以下と、コンパクトでカラーも7色に。

また、iPhoneには紫色が登場した。

続々と新商品が発表される中、注目されたのは、3cmほどのボタンのような新商品「AirTag(エアタグ)」。

鍵やお財布など、身の回りのものに取り付けると、iPhoneと連動し、なくしたときに探す手伝いをしてくれるというデバイス。

なくしたものが近くにある場合は、iPhoneの探すアプリを使ってエアタグから音を鳴らすことができ、さらに画面上になくした物までの距離や方向が表示される。

離れた場所にある場合にも、およそ10億台ものiPhoneやiPadなどによる探すネットワークを利用し、位置情報を持ち主に通知。

この際に出される信号は、暗号化されるため、プライバシーが守られた状態でエアタグを探すことができるという。

価格は、1つ3,800円(税込み)。
4個のセットは、1万2,800円(税込み)となっており、キーリングなども同時に発売される。

予約注文は、4月23日から。

販売は、4月30日から始まる予定。