大相撲、横綱の白鵬(36)が、現役を引退することが明らかになった。

横綱・白鵬が親方を通じ、日本相撲協会に引退の意向を伝えた。

大相撲史上最多となる45回の優勝、そして史上最長となる84場所に渡り横綱を務めるなど、長く、第1人者として活躍してきた。白鵬自ら、横綱として、本場所の土俵を務められないと判断、引退に至った。