世界初 iPS細胞 脊髄損傷治療の臨床研究了承 慶応大学研究チーム

世界初 iPS細胞 脊髄損傷治療の臨床研究了承 慶応大学研究チーム

iPS細胞を用いて脊髄損傷患者の治療を行う慶応大学の臨床研究が、国の審議会で了承された。

慶応大学の岡野栄之教授らが計画している臨床研究は、iPS細胞から神経のもととなる細胞を作製し、スポーツや交通事故などで脊髄を損傷した患者に移植するもので、厚生労働省の審議会で了承された。

対象は、損傷後2週間から4週間以内の18歳以上の患者4人で、iPS細胞を用いた脊髄損傷に対する臨床研究は、世界初という。

脊髄損傷により、体が麻痺した患者は、国内に10万人以上いるとみられ、これまで有効な治療方法はなく、将来的な治療への活用に期待が集まっている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索