高速であおり運転の末暴行 車載カメラに一部始終

高速であおり運転の末暴行 車載カメラに一部始終

高速道路であおられた末に、車から降りてきた男に顔面を何回も殴られた男性。

路上の逆上、いわゆる「ロードレイジ」の一部始終を車載カメラがとらえていた。

高速道路上で、前の車を勢いよく飛び出し、近づいてくる男。

男は、窓越しに運転手の男性の顔面を激しく5回殴り続けた。

男性の顔からは、血が流れ出た。

被害者の男性「本当に相手は、もう激高していて、恐怖でしかなかった。いきなり殴られて」

男性によると、茨城県の常磐自動車道で8月10日、車を運転していたところ、高級外車のSUV(スポーツタイプ多目的車)にあおられた。

SUVは、前方に割り込んで急ブレーキをかけ、ランプを激しく点滅させた。

そして、進路をふさぐように蛇行運転をして、高速道路の真ん中で、車を斜めに止めて、男性の車を無理やり止めさせた。

男はこのあと、暴行に及んだという。

被害者の男性「自分が進路妨害したと相手が思ったみたいで、そこからあおり始めた。『今すぐ殺してやるから、今すぐ出てこい』と、相手は繰り返していた」

男性は、すでに被害届を出していて、茨城県警は捜査を始めている。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索