台風被害「まずまずに収まった」 二階氏釈明も野党批判

台風被害「まずまずに収まった」 二階氏釈明も野党批判

自民党の二階幹事長が、13日の党の緊急役員会で、台風19号の被害について、予測に比べて「まずまずに収まった」と発言したことに対し、野党から批判が出ている。

自民・二階幹事長「予測されて、いろいろ言われていたことから比べると、まずまずに収まったという感じ」

二階幹事長は会合後、自らの発言について、「日本がひっくり返るような大災害から比べればということで、1人亡くなっても大変なことだ」と釈明した。

これに対し、立憲民主党の蓮舫副代表は、ツイッターで「与党幹事長の発言は決して軽くない。この認識は、ない」と批判した。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る