秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約延期の状態が続く小室圭さんが、「解決金をお渡しする形で終了したい」との考えを持っていることがわかった。

小室さんの代理人は12日、取材に応じ、小室さんは、母親の元婚約者側に「解決金をお渡しする形でこの問題を終了したい」との考えがあり、眞子さまにも伝えていることを明らかにした。

小室さんは、話し合いの再開を希望しているものの、「認識の食い違いを埋める作業」は困難と認識していて、文書の公表により、これまでの経緯や考え方などを明らかにした次の段階として、「解決金を渡す」意向だという。