日本医師会の中川会長は、新型コロナウイルスの現在の感染状況は第4波が来ているとの認識を示し、まん延防止等重点措置ではなく、緊急事態宣言の発令も必要だと述べました。

日本医師会 中川会長:
今回は第3波のリバウンドで高い山が来ているというふうに言いかえても、それが第4波だと思います。
先手先手、早め早めの対策を打つ。まん延防止等重点措置ではなく、状況によっては早期の緊急事態宣言の発令も必要だと考えます

中川会長は、一部の手術や入院を延期させるなど大阪では医療崩壊が始まっているが、このまま感染が拡大すれば首都圏でも医療崩壊を迎えると指摘しました。
その上で、まん延防止等重点措置ではなく、広範囲に強い自粛と外出制限などを要請する緊急事態宣言の発令が必要だとの考えを示しました。
また、変異ウイルスの感染力が強いため、これまで以上の感染予防の心がけが必要だとし、マスクをしていてはどうしてもできない動作以外は、決してマスクを外さないよう市民に呼びかけました。