新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は「まん延防止等重点措置」の適用対象に、埼玉・千葉・神奈川・愛知の4県を追加することを16日に決定する。

菅首相は、15日に関係閣僚と協議し、感染者が急増している埼玉・千葉・神奈川・愛知の4県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を確認した。

重点措置の期間は、4月20日から5月11日までとする方向。

菅首相「愛知県を含め他の地域も、あす専門家会議を開催し諮ることにした」

政府は16日に、専門家による分科会に諮り、了承を得たうえで、対策本部で正式決定する。

重点措置の対象地域は、埼玉県は、さいたま市と川口市、千葉県は、浦安市・市川市・船橋市・松戸市・柏市、神奈川県は、横浜市・川崎市・相模原市、愛知県は名古屋市を軸に調整している。

飲食店への営業時間の短縮要請を、午後8時までに前倒しするなどの措置が取られる見通し。

4県への適用追加で、重点措置の対象は東京や大阪などを含め、あわせて10都府県となる。