2020年9月、航行中のボートに8歳の男の子が巻き込まれて死亡した事故で、ボートを操縦していた会社役員の男が逮捕された。事故当時の状況や逮捕を受けての心境を男の子の両親が明らかにした。

8歳児死亡ボート事故で男逮捕

2020年9月、福島県の猪苗代湖に家族たちと遊びに来ていた豊田瑛大君(8)がボートに巻き込まれて亡くなった事故。

福島県警は14日、業務上過失致死傷の疑いで東京都中央区の会社役員・佐藤剛容疑者(44)を逮捕した。

逮捕を受けて、瑛大君の父親と自らも事故で両足を失った母親がコメントを出した。

瑛大君の両親のコメント:
「このまま犯人が特定されないかもしれないと不安な日々を今まで送ってきました。本日犯人が逮捕されたと聞いて一応安堵しておりますが、犯人が逮捕されても瑛大を失った悲しみは癒えません。今後、真実が明らかになることを願っております」

事故から1年がたった9月6日。
湖に設置された献花台には笑顔の瑛大君を囲んで好きだったサッカーボールやひまわりが供えられた。

両足失った母親が明かす胸の内

母親は近づいてきた船に驚く瑛大君の表情が目に焼き付いているという。

瑛大君の母親:
瑛大にごめんねという気持ちと、でも笑っていてほしいなっていう気持ちと、ただただ瑛大に会いたくて…

2020年9月6日に猪苗代湖で水上バイクで遊ぶためライフジャケットを着けて湖面に浮いていた男女4人が航行中のボートに巻き込まれた事故。瑛大君が死亡し母親が両足の膝から下を失う重傷を負った。

瑛大君の母親:
どんな結果になったとしても瑛大が戻ってくることはないのは分かっていますが、とにかく一日も早く私たちの楽しかった日々を奪った人が分かることを祈っています。

大型ボートで4人巻き込みか

これまで、どの船が事故を起こしたのか分かっていなかった。
事故当時、現場では何が起きていたのか。

事故が起きた猪苗代湖はマリンスポーツやキャンプを楽しむ人が数多く訪れる人気スポット。

瑛大君たちは湖の中で水上バイクでけん引するトーイングスポーツを、ライフジャケットを着けて遊んでいたという。
そこに突然、約12メートルの大型ボートが現れ、水面にいた4人を巻き込んだとみられる。

事故から1年操縦の男逮捕

事故から1年が経ち、福島県警は14日、ボートを操縦していた佐藤剛容疑者・44歳を業務上過失致死傷の疑いで逮捕した。

当時佐藤容疑者は知人など10人を乗せて約12メートルの大型ボートを運転していて4人を巻き込んだ後、そのまま走り去ったとみられている。

佐藤容疑者は調べに対し「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

福島県警は関係者から事情を聴くなどして捜査を進めていたが、ボートの特定と容疑が固まったことから14日、東京駅近くにいた佐藤容疑者を逮捕した。

「思い出すと地獄」

瑛大君家族が初めて訪れた猪苗代湖。両親は今も当時の状況を鮮明に覚えていた。

瑛大君の父親:
猪苗代湖はとても澄んでいてきれいだってことで、ずっと行きたいと思っていて、今回たまたま初めて行ったっということですね

瑛大君らが遊んでいたところに大型ボートが突然現れた。

瑛大君の母親:
急に大きなエンジン音が聞こえてきたので、子供たちの方を振り返って、逃げなくちゃって思ったんですけど、やっぱり声が全然出なくて、体も動かなくて…

わずか数秒で船に巻き込まれた。

瑛大君の母親:
最後一回だけでも抱きしめてあげたいなと思って(瑛大のところに)いこうと思ったんですけど、体が全然動かなくて…

瑛大君の父親:
瑛大が着ていたライフジャケットとか…毎日思い出すと地獄ですよ。あんな瑛大を見る事になるなんて

瑛大君の母親は一命を取り留めたが、両足の膝から下を失った。
7度の手術を乗り越え、4月に自宅へ帰ることができたが…

瑛大君の母親:
家に帰るとご飯を食べていても、いつも瑛大が座ってたところに瑛大がいない。今でも信じられないし、会えないのは分かっているんだけど会いたいっていうのがすごく大きくて…

両親が強く願うこと…

両親が強く願うこと、それは二度と同じような事故を起こしてはならないということ。

瑛大君の母親:
「こういう事故があった」ことをもう一度思い出してもらって、意識してもらってみんなが気をつけて遊べるように。

ボート事故の発生から1年が経ちようやく進展した今回の事故。
佐藤容疑者は現在、会津若松警察署に移送中で、福島県警は事故当時の状況などを詳しく聴き、捜査を進めることにしている。

(イット!9月14日放送分より)