台風14号が17日、西日本に上陸のおそれがあり、山陽新幹線は計画運休を予定している。

道路を打ちつける大粒の雨。
宮崎県では16日、台風14号からの湿った空気の影響で、局地的に大雨となった。

宮崎市では、1時間に60.5mmの非常に激しい雨が降り、市内では土砂崩れが発生したほか、各地で道路が浸水。

水しぶきを上げながら進む車や、子どもを担ぎながら進む男性の姿が見られた。

15日時点では、勢力が弱まり、温帯低気圧に変わる予報だった台風14号。

しかし、16日になり、再び発達。

17日、西日本に接近、上陸する可能性があり、その後、18日にかけて温帯低気圧に変わりながら、西日本から東日本を横断する予報となっている。

17日の夕方までに予想される24時間雨量は、いずれも多いところで、九州北部で250mm、四国で200mmなどとなっている。

また、17日夕方から18日夕方にかけては、九州から東北の広い範囲で大雨となる見込みで、予想される雨量は四国・近畿・東海・関東甲信で200mmから300mmなどとなり、浸水や河川の氾濫などに警戒が必要。

この影響で、JR西日本は、17日の山陽新幹線の計画運休を発表。

運休するのは、広島から博多駅の区間で、博多駅からの上りは午後1時39分発、広島駅からの下りは午後2時4分発を最後に運転を取りやめる。