全国で20日、新たに2,224人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、およそ2カ月ぶりに2,000人台に減少した。

東京都で20日、新たに感染が確認されたのは302人で、先週の月曜日から309人減った。

400人を下回るのは7月5日以来、およそ2カ月半ぶり。

一方、新たに4人の死亡が確認され、このうち40代男性は死亡した状態で発見され、その後の検査で感染が確認、肥満だったという。

このほか、大阪府で268人、神奈川県で257人、愛知県で183人、千葉県で157人など、全国では2,224人の感染が確認され、7月19日以来、およそ2カ月ぶりに2,000人台となった。

また、23人の死亡が確認されている。

一方、厚生労働省によると、全国の重症者数は前の日から42人減って1,454人となり、12日連続で減少している。