公明党は、衆議院選挙の公約として、すべての子どもを対象に、1人あたり10万円相当の給付を発表した。

公明党・山口那津男代表「0歳から高校3年生まで、1人あたり10万円を『未来応援給付』として、特例的に支給することを掲げたい」

山口代表は、「新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、子育て世帯は、食費や通信費など出費が増加している」と給付理由を説明した。

公約では、給付に所得制限は設けず、現金以外にも、商品引換券やクーポンなどが検討されている。