アメリカ政府は、福島県などで作られた日本の食品に関する輸入規制を撤廃した。

加藤官房長官「東日本大震災から10年という節目の年に、米国の規制が撤廃に至ったこと、被災地の復興を国際社会に示すことにもつながり、日本政府としては歓迎している」

アメリカ政府は21日、福島第1原発事故を受け輸入規制を行っていた、福島や宮城など14県の延べ100品目の日本産食品に対する全ての規制の撤廃を発表。

福島県産の米や原木シイタケなどを輸出できるようになった。

福島・本宮市で原木シイタケを栽培する國分進さん。

原発事故による出荷制限で、収穫したシイタケを自分の山に捨てざるを得ない状況に追い込まれ、現在も出荷量は事故前の3分の1程度にとどまっている。

原木シイタケ農家・國分進さん「アメリカが(輸入規制を)解除したことは大変うれしい。美しい福島県にいち早く行政・生産者・消費者が目を向けてくれれば、われわれとしては大変うれしい」