就職活動のため上京中に、羽田空港で出産した赤ちゃんを殺害し、遺体を公園に埋めた、殺人と死体遺棄の罪に問われている、北井小由里被告(24)に対して、東京地裁は懲役5年の実刑判決を言い渡した。

冒頭陳述などによると、北井被告は、2019年11月、就職活動のため、航空機で、自宅のある兵庫県から都内に向かっていたところ、機内で陣痛が始まり、羽田空港に到着した直後に、空港内のトイレで赤ちゃんを出産したという。

北井被告は、トイレの中で、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にトイレットペーパーを詰め、首を絞めて殺害。その後、遺体を、港区内の公園に運んで埋めたとされる。北井被告は起訴内容を認めている。

検察側は「就職活動の邪魔になるとして殺害したもので、自己中心的で極めて身勝手な動機」
として懲役7年を求刑。弁護側は「アドバイスしてくれる人もなく、突発的に犯行に及んだ」として執行猶予付きの判決を求めていた。