衆議院選挙に向けて全国遊説を続けている立憲民主党の枝野代表は、長崎県で「コロナ対策など喫緊の課題があるにもかかわらず、議論から逃げてきた」と、政府与党を批判した。

枝野代表「選挙管理内閣とはいえ、政権ができたら、国会での議論を逃げずにやっていただきたい」