栃木県那須町で男女2人の焼けた遺体が見つかった事件で、先ほど死体損壊の疑いで逮捕した25歳の男が調べに対し、「名前は言えないがアニキに頼まれて車や凶器を準備しただけ」と供述していることがわかった。

この事件は4月16日、那須町の山林の河川敷で宝島龍太郎さんと女性の遺体が焼けた状態で見つかったもの。

捜査関係者によると、都内の交番に出頭してきたため事情を聴いていた25歳の男を先ほど死体損壊容疑の疑いで逮捕したことがわかった。調べに対し男は、「名前は言えないが、アニキに頼まれ車や凶器を準備しただけ」と話しているという。

事件前日の夜、被害者の宝島さんとその妻とみられる男女2人が東京・上野で男らが乗る車に乗り込む姿が確認されていた。2人の最後の足取りが都内とみられることなどから栃木県警と警視庁は先ほど合同捜査本部を設置した。

捜査本部は他にも複数の人物が関わっているとみて捜査を進めている。