栃木・那須町で夫婦の遺体が見つかった事件で、夫婦の娘と内縁関係の男が警察署を訪れ、「夫婦が経営する飲食店で違法な行為が行われている」などと話していたことが新たにわかった。

飲食店経営の宝島龍太郎さん(55)と妻・幸子さん(56)の遺体が見つかった事件で、19日、指示役の佐々木光容疑者(28)が殺人の疑いで再逮捕された。

その後の取材で、首謀者とみられる関根誠端容疑者(32)が2月下旬、警視庁の上野警察署を訪れ、「夫婦が経営する飲食店で外国人を不法就労させるなど違法な行為が行われている」などと話していたことが新たにわかった。

その後の調べで、夫婦の店に摘発するような違法性はなかったという。

警視庁は、関根容疑者がうその話で夫婦を陥れようとしたとみて調べている。