大谷翔平選手は日本時間20日、本拠地ロサンゼルスで開催されたレッズ戦に2番DHで先発出場し、2対2で迎えた延長10回裏、ライト線を破るサヨナラタイムリーを放ち、ドジャースが3対2で勝利した。

サヨナラヒットを打った大谷選手は、チームメートから水をかけられるなど手荒い祝福も受けた。

メジャーリーグでは延長に入ると「ノーアウトランナー二塁」から始まるタイブレーク制度が導入されている。

大谷選手はこの試合、第一打席は三振、第二打席はレフトフライ、第三打席はデッドボールで、第四打席に内野安打を放っていて、4打数2安打1死球1打点だった。