栃木県で夫婦の焼かれた遺体が見つかった事件で、警視庁は元俳優の男ら2人を、夫婦殺害の「実行役」として再逮捕した。
2人は、夫婦の名前を知らないまま指示を受けていた。

元俳優の若山耀人容疑者(20)と韓国籍の姜光紀(カン・グァンギ)容疑者(20)は、東京・品川区の空き家で宝島龍太郎(55)さんと妻・幸子さん(56)の首を絞めるなどして殺害した疑いで再逮捕された。

2人は、仲介役の平山綾拳容疑者(25)から指示を受けた際、宝島さんの年齢や髪形の特徴を伝えられ、名前や職業を知らないまま犯行に及んでいたほか、空き家から高圧洗浄機が押収されていて、2人が殺害後に血痕を洗い流した可能性があるという。

姜容疑者は「やらなかったら、何をされるかわからないと怖くなり受けた」と供述する一方、若山容疑者は、「空き家には入っていません。全部、姜(カン)がやりました。外で待っていただけ」と説明しているという。