大阪府枚方市で、交際相手とみられる女子大学生を殺害した疑いで逮捕された26歳の男が、女子大学生のスマートフォンを持って逃走していたことが分かった。

■首など刃物で刺される「50カ所」以上の傷

5月18日、大阪府枚方市の集合住宅で、この部屋に住む大学2年生の渡邉華蓮さん(19)が死亡しているのが見つかり、無職の西光勝容疑者(26)が殺人の疑いで逮捕された。

警察によると、渡邉さんの死因は首を刃物で刺されたことによる失血死で、刺し傷や擦り傷など合わせて50カ所以上あったということだ。

■2日間ホテル潜伏 自宅の鍵とスマホを持って逃走

西光容疑者は、渡邉さんが死亡したとみられる16日から2日間、大阪市内のホテルで潜伏していて、渡邉さんの自宅の鍵とスマートフォンホンを持って逃走していたことが分かった。

2人は交際関係にあったとみられ、西光容疑者は容疑を認めている。