28日昼前、姿を見せたのは小池百合子東京都知事(71)。

7月に迫る東京都知事選挙に、小池知事はいつ名乗りを上げるのか。
28日、早期の立候補の要請が相次いだ。

都民ファーストの会・森村代表「知事選に向け、小池知事のご出馬をぜひともお願いしたく」

特別顧問を務める都民ファーストの会からの要請書を笑顔で受け取った小池知事。
ただ、出馬要請については神妙な面持ちで、「重く受け止めていきたい」と述べた。

都議会公明党・東村邦浩幹事長「できるだけ早く表明していただいて」

さらに、その後も都議会で連携する公明党からも要請を受けると、おもむろに立ち上がり、「重く受け止めさせていただきます」と述べた。

午後には、都内の自治体トップの有志からも要請を受けた小池知事は近く、出馬を表明する見通し。

こうした中、注目されているのは、小池知事が自民党に推薦を求めるのかどうか。

27日に出馬表明した立憲民主党の蓮舫参院議員は、「“自民党返り”している小池さんでは改革はできない。反自民党政治 非小池都政、都知事選に“この姿勢”で臨みたい」と述べ、自民党と距離を縮める小池知事に対し、“反自民”“非小池”で戦う姿勢を強調した。

この発言には、小池陣営から批判の声も上がった。

都民ファーストの会・森村代表「自民党の政治と金の問題が小池知事の問題であるかのように、“あらぬレッテル”を貼るのは、正直ちょっと都民をばかにしすぎじゃないか」

“やり玉”に挙げられた自民党はどう動くのか。

東京都選出の自民党議員は、「向こう(小池氏)が嫌がると思うよ。自民党のイメージ最悪だから。自民党が陰で支援する形になるんじゃないか」と述べた。

さらに、政治ジャーナリストの田崎史郎氏は、小池知事は今、自民党の推薦がプラスとなるかマイナスとなるか計算しているという。

政治ジャーナリスト・田崎史郎氏「プラスとして働くのは自民党を支援している業界団体、あるいは自民党議員の全面的なバックアップを受けられる。他方で、自民党は今、批判にさらされていますので、そのマイナスイメージも背負うことになる」

都知事選には、広島・安芸高田市の石丸伸二市長のほか、航空自衛隊の元トップ・田母神俊雄氏も28日、出馬を表明するなど20人以上が立候補する乱戦となる見通し。