国会で党首討論が行われ、立憲民主党の泉代表が衆議院の解散を求めたが、岸田首相は拒否した。

約3年ぶりに行われた党首討論。

泉氏が政治資金問題への対応を批判したのに対し、岸田首相も「禁止、禁止、禁止というのは、大変気持ちがいいかもしれない。全てを禁止して、現実を見ない案であってはならない」などと反論。

泉氏は、衆院解散・総選挙を迫った。

立憲民主党・泉代表:
総理、ここで判断いただく時は来ているんじゃないですか?国民に信を問おうじゃないですか。

岸田首相:
信頼回復に向けて、引き続き努力をしていかなければならない。経済をはじめ様々な課題に取り組み、結果を出していく。これに専念していかなければいけない。それ以外のことは考えていない。

また、日本維新の会や国民民主党も、岸田首相に“NO”を突きつけた。

日本維新の会・馬場代表:
明日、あさっての間に、もう内閣総辞職して総理をかえてください。

国民民主党・玉木代表:
総理が潔く職を辞して、リーダーとしての責任をしっかり果たすことではないですか。

岸田首相は、「先送りできない課題に専念し、結果を出すことに全力を挙げる」などと重ねて強調した。

討論の後、立憲の役員が集まり、岸田内閣に対する不信任決議案を20日午前に提出することを決めた。

立憲民主党・泉代表:
立憲民主党としては、今の岸田内閣は信任に値せずと。

不信任案には、維新や共産党などが賛成する方向だが、与党の反対多数で否決される見通し。