「自分の職場はゆるブラック」、若い世代の本音が見えてきた。

“ゆるブラック”という、何だか白黒はっきりしないこの言葉。
働きやすく居心地は良いが、仕事のやりがいや成長を感じられず、スキルアップやキャリアアップも難しい職場という意味だ。

人材サービスのAdecco Group Japanの調査によると、20代、30代の若手社員、職員の約7割が、勤務先を「ホワイト企業」だと答えている。

しかし、そのうち4割以上が勤務先を「ゆるブラック」だと考え、さらにその中の4割近くが、1年以内の転職を視野に入れている。

約6割が「現在の勤務先ではキャリア形成は望めない」と答えていて、若手社員が、居心地が良いゆるブラックな職場よりも、働きがいや成長の機会を求めていることがうかがえる。