中国で拘束の北大教授帰国 今も複数の邦人拘束のまま

中国で拘束の北大教授帰国 今も複数の邦人拘束のまま

政府は、9月に北京で中国当局に拘束され、解放を働きかけてきた、北海道大学の男性教授が解放され、帰国したと明らかにした。

安倍首相「私自身、一日も早くご家族の元に帰れるように、強く要請をしてきたところであります。その中で今般、岩谷教授が無事に帰国され、ご家族の皆さまと再会できたことは、本当に良かったと思っております」

また茂木外相は、2020年春に、習近平国家主席が国賓として来日することを指摘したうえで、「良い環境の中でお迎えしたいという中で、1つ1つの懸案を処理していく一環だ」と述べ、日本政府が解放を強く働きかけたことを強調した。

解放された北海道大学の岩谷將教授に、健康上、特段の問題はないということで、政府は今後、拘束された際の詳細な状況について、本人から事情を聴く方針。

中国外務省・耿爽報道官「(男性教授は)今回と過去に、大量の中国の国家機密に関する資料を収集したという違法な行為を白状した。事実と証拠ははっきりしている」

一方、中国外務省の報道官は、男性教授について「中国の刑法と反スパイ法に違反した疑いがある」としたうえで、「自ら犯した罪を認め、悔いあらため、罰を受けることを表明した」と述べ、中国の法律に基づいて保釈措置を取ったことを明らかにした。

中国では、今も複数の日本人がスパイ容疑などで拘束されたまま。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る