GSOMIA「最後の瞬間まで努力する」 韓国・文在寅大統領

GSOMIA「最後の瞬間まで努力する」 韓国・文在寅大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、11月23日に失効が迫る日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、延長に向け「最後の瞬間まで日本と努力する」と述べた。

文大統領は、韓国MBCの番組に生出演し、日韓で軍事機密を共有するための協定(GSOMIA)について、「GSOMIA終了問題は日本が原因を提供したのだ」、「最後の瞬間までGSOMIA終了という事態を避けることができるなら、日本とともに努力していく」と述べた。

その一方で、日本が韓国への輸出管理を見直したことについて、「韓国を安保上、信頼できないと言いながら、軍事情報は共有しようとするのは矛盾する態度ではないか」と批判した。

さらに、輸出管理見直しを撤回すれば、協定を延長できるとする、従来の立場を繰り返した。

また、「GSOMIAが終了しても、われわれは日本と安保上の協力を続ける」と強調した。

韓国の最新の世論調査では、GSOMIAについて「終了するべき」と答えた人が55%にのぼっている。

文政権はこうした世論を背景に譲歩しない構えで、協定は23日に失効する公算が高まっている。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る