韓国“土壇場の決断”の理由は GSOMIA破棄撤回

韓国“土壇場の決断”の理由は GSOMIA破棄撤回

「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」破棄を撤回、土壇場での韓国の方針転換。

韓国政府が今回の判断に至った理由とは。

最大の理由は、日米韓の連携を重視して、GSOMIA破棄撤回を強く要求していたアメリカからの圧力だと思われる。

韓国外務省関係者によると、21日までは、失効やむなしという意見が強かったが、22日になって、破棄撤回という雰囲気に変わったという。

そのきっかけは、大統領府高官による極秘のアメリカ訪問だった。

この高官が、アメリカから最後の強い圧力を受けた可能性がある。

韓国国民の受け止めはどうだろうか。

韓国の世論調査では、過半数がGSOMIA破棄に賛成だった。

しかし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領を支持する革新派のハンギョレ新聞は、「今回の合意は国民の要求する水準には達していない」と評価している。

GSOMIAの破棄は撤回し、WTO(世界貿易機関)も提訴中断となると、韓国側が譲歩した印象はぬぐえず、2020年4月には国会議員の総選挙を控えている文政権は、選挙への影響を抑えるため、問題の早期決着を目指すとみられる。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る