イギリスのヘンリー王子夫妻が主要な王族としての立場から身を引くと発表したことを受け、エリザベス女王は13日、緊急の家族会議を開き、「2人の意思を尊重する」などとする声明を発表した。

ヘンリー王子夫妻の要望を受け、エリザベス女王は緊急の家族会議を招集し、ヘンリー王子に加え、チャールズ皇太子、ウィリアム王子らが参加した。

妻のメーガン妃は、滞在先のカナダから電話で参加したとみられている。

会議終了後、女王は「2人が主要な王室メンバーであり続けることを望むが、2人の意思を尊重する」などとする声明を発表した。

また、2人が正式に主要な王室メンバーから外れるまで移行期間を設け、イギリスとカナダで暮らすことを認めるとしている。

一方で、声明の中で女王は、「複雑な問題で解決すべきことが残っている」としていて、今後、王子夫妻の財産や呼称の問題などについて話し合いが続けられるとみられる。