イギリスのエリザベス女王の夫で、99歳で亡くなったフィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン郊外で営まれた。

フィリップ殿下のひつぎは、殿下自身が特注した霊きゅう車で、ウィンザー城の礼拝堂に運ばれた。

新型コロナウイルスを考慮して、参列者は、エリザベス女王をはじめ近親者30人に限られ、全員マスクを着用して出席した。

王室は、市民に対して、献花などのために集まらないよう呼びかけていたが、周辺では、大勢の市民が殿下の死を悼んだ。

小堀孝政記者「ウィンザー城をぐるっと取り囲むように、多くの市民が追悼のため集まっています」

市民「来ないようにと言われていたが、思い切って来た。フィリップ殿下はすばらしい人だった」

葬儀には、公務から引退したヘンリー王子もアメリカから帰国し、参列したが、妻のメーガン妃は、妊娠中のため渡航しなかった。