インドから日本への帰国を支援。

新型コロナウイルスの新規感染者が連日30万人を超えるインドで、現地の日本商工会が、日本政府の支援を得て、帰国者向けのPCR検査施設を開設した。

首都ニューデリー近郊にできた施設には、早速、日本行きの航空便を予約した人たちが検査を受けた。

検査は、事前予約制で、無料で受けられるということで、日本商工会では、日系企業の駐在員などの速やかな帰国を支援したい考え。