イギリスでは22日から、一般市民を対象とした新型コロナワクチンの3回目の接種、いわゆるブースターの接種が始まった。

ブースター接種の対象となるのは、50歳以上や重症化リスクの高い人たち。

病院に加え薬局でも接種が可能で、ファイザー、またはモデルナのワクチンが投与される。

接種受けた人「とても心待ちにしていた。最初のワクチンが随分前だったので」

日本でも検討されている3回目の接種について、ファイザー製のワクチンで先行して実施しているイスラエルの調査によると、何らかの副反応があった人は31%で、大半の人が2回目と同程度、もしくはそれよりも軽い副反応が出たという。