TPP(環太平洋経済連携協定)に台湾が加入を申請したことについて、アメリカを訪問中の茂木外相は「歓迎したい」と語った。

茂木外相「台湾が今般、(TPP)加入申請したことは、わが国としてまず、歓迎したいと思っている」

茂木外相は、「台湾が、TPPの高いレベルを完全に満たす用意ができるかについて見極める必要がある」と話した。

台湾の蔡英文総統は23日、ツイッターに「われわれは、全てのルールを受け入れる用意があり、日本の友人たちにぜひ支持してほしい」と日本語で投稿し、加盟に向けた協力を呼びかけた。

一方、中国側は、台湾の動きに対して、早速反発している。

環球時報は、ネット上に「かく乱だ」とする見出しの記事を掲載し、強く批判した。

中国は今後、台湾への反発や圧力をいっそう強めるものとみられ、中台関係は、新たな火種を抱えた形。