EU(ヨーロッパ連合)は、スマートフォンなどの充電端子を統一する法案を発表した。

EUは、スマートフォンや携帯型ゲーム機など、電子機器の充電端子を統一する法案を発表した。

導入されれば、アンドロイドの機種で使われている「USBタイプC」に統一され、「iPhone」などで独自の充電端子を使っているアップルは、対応を求められることになる。

地元メディアによると、法案は2022年6月までに可決、2024年から施行される見通し。

EUは、充電端子の統一によって、1年間で320億円余りの消費を抑えられるうえ、およそ1,000トンのゴミを削減できるとしている。