ユナイテッド時代にポグバを128億円で獲得したモウリーニョ監督が1位に

 在任期間中に選手補強に最も高額を費やした監督は一体誰なのか。アメリカのサッカー動画メディア「Oh My Goal」が「歴史上最も大金を費やしてきた監督トップ10」を公開した。そのなかでチェルシー、インテル、レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッドなどのメガクラブを渡り歩いてきた現トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督が1位となっている。

 モウリーニョ監督体制の中で最も高額の移籍は、マンチェスター・ユナイテッド時代の2016年にユベントスから獲得したフランス代表MFポール・ポグバで、同クラブ史上最高額を更新する移籍金は8900万ポンド(約128億円)だった。

 その他にもユナイテッドでベルギー代表FWロメル・ルカク(現インテル)やブラジル代表MFフレッジ、チェルシー時代に元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコや元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバなどの高額選手を補強。総額は推定18億ドル(約1983億円)にも及ぶという。

 そのモウリーニョ監督に次ぐ2位は同様にビッグクラブを渡り歩いてきた名将2人。エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督とマンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督がタイで並んだ。補強総額はともに13億ドル(約1433億円)。アンチェロッティ監督ははレアル時代のウェールズ代表FWギャレス・ベイル(1億1200万ドル)、グアルディオラ監督はバルサ時代の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン/7800万ドル)がそれぞれ最高額の補強だったとされている。

モウリーニョ、アンチェロッティ、ラニエリ監督に共通するのは大富豪買収クラブ

 トップ3に入ったモウリーニョ監督とアンチェロッティ監督、さらに8位にランクインしたクラウディオ・ラニエリ監督に共通するのは、いずれもロシアの大富豪ロマン・アブラモヴィッチ氏が買収したチェルシーを率いていたことだ。クラブの圧倒的な資金力がランキングに大きな影響を及ぼしている。

 また、アブダビ王族のバックアップを受けて金満クラブとなったマンチェスター・シティの歴代監督からは、グアルディオラ監督を筆頭に4位にマヌエル・ペジェグリーニ監督(12億ドル)、7位にロベルト・マンチーニ監督(8億9000万ドル)と3人がランクインした。

 その他にはアーセナルを21シーズンにわたって率いたアーセン・ベンゲル氏や、アーセナル前監督のウナイ・エメリ氏などが名を連ねている。

Football ZONE web編集部