後半15分に南野、ジョッタ、シャキリが3トップに入ってチームを活性化

 リバプールは現地時間21日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦でアヤックス(オランダ)と対戦し、相手のオウンゴールにより1-0で勝利した。ユルゲン・クロップ監督は後半途中に日本代表MF南野拓実を含めて3人を同時投入。3トップを総入れ替えしてチームが勢いづいた。リバプール地元紙は、「ジョッタとミナミノがフロント3に挑戦状」と好パフォーマンスだったことを伝えている。

 リバプールは守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが右膝前十字靱帯損傷の大怪我を負い、センターバックの代役にはブラジル代表MFファビーニョを起用。3トップにはエジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの“黄金トリオ”が並んだ。

 リバプールは苦戦を強いられながらも前半35分、マネがドリブルからペナルティーエリア内で強引にシュートを放つと、ボールはアヤックスDFニコラス・タグリアフィコの足に当たってコースが変わり、相手のオウンゴールでラッキーな形で先制点を手にした。

 前半44分、失点の大ピンチをファビーニョの神懸かり的なスーパークリアで前半をリードして折り返したなか、南野に出番が訪れたのは迎えた後半15分だった。

 クロップ監督は南野、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタ、スイス代表MFジェルダン・シャキリの大胆な“3枚替え”で3トップを変更。センターフォワードに入った南野は、後半25分に軽快なターンを経てペナルティーエリア外左45度から果敢に右足を一閃。ややブレながらのシュートは正面に飛んでしまい、相手GKに弾かれてしまった。

 その後も、前線からのプレスと、ビルドアップに絡みながら時に左サイドを突破して中央へ折り返すなど、攻守の局面で何度も顔を出した南野。ゴールやアシストの結果は残せなかったが、ジョッタやシャキリとの連係プレーもあり、途中出場でチームを活性化した。

 地元紙「リバプール・エコー」は、「ディオゴ・ジョッタとタクミ・ミナミノがレッズのフロント3に挑戦状」との見出しで、アヤックス戦の戦いを総括。「ミナミノと、特にジョッタは傑出した存在で印象的なパフォーマンスを残した」「ミナミノは静かだったロベルト・フィルミーノに比べてエネルギッシュだった」と、ジョッタと並んで南野を高く評価した。同紙は公式ツイッターでも「ジョッタとミナミノは本当に脅威だ」と伝えている。

 試合後にはクロップ監督も南野を称えるコメントを残しており、勢いに乗って次はゴールやアシストと目に見える結果を残したいところだ。

Football ZONE web編集部