【短期連載|第2回】「これがACLだね」 アウェーの洗礼ならぬACLの洗礼!?

 世界中を巻き込む新型コロナウイルスの影響で3月に中断されたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が、中東カタールでの異例となるセントラル開催でついに再開した。昨季のJリーグ王者である横浜F・マリノスは、25日に行われた上海上港(中国)との再開初戦でMF天野純が試合終了間際に劇的なゴールを決めて1-0と勝利し好スタート。その裏ではチームスタッフたちが選手を支えるべく、“楽しく”奮闘していた。レギュレーションが変更され、ちょっとしたアクシデントも起こったACLの舞台裏を、帯同するチームマネージャーの矢野隼平氏が執筆する短期連載。第2回は、初戦の試合前日から当日までをお届けする。

   ◇   ◇   ◇

 カタールでの生活も4日目。少しずつ体が慣れてきたところで、上海上港(第3節)との試合前日を迎えました。試合の前日は公式行事が盛りだくさん。午前中にスタジアムインスペクション、公式会見、GSCM(グループステージコーディネーションミーティング)が実施されました。私はオンラインで実施されたGSCMへ出席するため、スタジアムインスペクションと公式会見には帯同しませんでしたが、帯同したスタッフから聞いた話を交えてご紹介します。

 と、その前に、大会期間中、数日に一度実施されるPCR検査が、朝食後に実施されました。私と主務の山崎慎さんで検査員のサポートをしつつ、1人ずつ順番に受検者を呼び込んでいくのですが、ここでもトラブルが起きたのです。「あれ? (大津)祐樹のキットがない」。そう、大津祐樹選手のキットが見当たりません。そしてさらに、俺のもないじゃん……。

 はい、そうです。私のキットも見当たりませんでした。登録上、チームマネージャーがリストの最初に記載されているので、検査員の方からは「1番上の人もいないね(笑)」と笑われ、「こらこら、笑っている場合じゃないでしょ!」と私も笑いながら返しました。なんやかんやで大津選手と私の同い年2人のキットは至急準備していただき、滞りなく検査を終えました。これもまたACLの思い出ですかね。

 通常であればACLはスタジアムでの前日練習があります。しかし、コロナ禍のセントラル開催ではメディアの方々に集まっていただくことが難しく、今回は実施なし。その代わりに約30分間のインスペクションがチームごとに実施されました。要はスタジアムの下見です。ピッチ状態の確認はもちろん、スタジアム内の様々な箇所の導線を確認します。通常であればファン・サポーターの方々の導線も確認するのですが、無観客開催のため、今回はありませんでした。

 2月に開催された全北現代モータース戦では、約600名のファン・サポーターに韓国までお越しいただいたので、「この導線は複雑過ぎる」、「入場口が少ないので、キックオフまでに入り切れない」と全北スタッフに交渉したのが懐かしく感じられました。インスペクションに帯同したスタッフからは、「こんなに良いスタジアムだから、サポーターに来て欲しかったなあ」という声も聞かれました。我々はグループステージの全試合がアル・ジャヌーブ・スタジアム(Al Janoub Stadium)での試合となるので、グループステージ中のインスペクションはこの日のみでした。

Jリーグでは見られない前日会見と突然出現したGSCM

 試合前日には、監督と選手1名が参加する公式会見が開かれます。午前中に会見が設定されているのは、時差を考え、日本を始めとした東アジアのファン・サポーターに会見内容が届きやすい時間帯を考慮してのこと。独特の緊張感がある現場ですが、試合の前日会見というのは普段Jリーグでは実施されないので、これもまたACL出場クラブならではの経験と言えますね。

 通常であれば、2チームでのMCM(マッチコーディネーションミーティング)が毎試合、前日にスタジアムで開催されます。しかし、コロナ禍ということで、同グループの4チームによるオンラインでの一斉開催という形でGSCMが実施されました。最初に、「GSCMが開催されます」という連絡を受けた時は、「知らないミーティングが出現した!」と若干焦りましたが……。このミーティングでは、主にコロナ禍での運営体制、当日のスケジュール、ユニフォームの配色など、競技面のレギュレーションに関する確認が行われます。

 リーグ戦との違いとしては、ユニフォームの配色の変更がここで議題となることがあるのですが、司会進行を務められた方が、我々が“トリコロール”を重視していることを把握してくれていていたことです。もちろん、第一原則は競技に支障がない視認性の保持ですが、各チームのアイデンティティーを尊重していただける姿勢に感銘を受けました。

 ちなみに、全編英語でのミーティングとなりますが、My English is not goodなので(苦笑)、同僚に通訳をお願いしながらのオンラインミーティングでした。カタールで過ごす時間で英語力を磨きたいと思います。

決戦前夜のトレーニングの写真が1枚もない理由は?

 午後はいよいよ試合前最後の練習です。この原稿のためにいろいろな写真を撮ろうと思っていましたが、一度もシャッターを押すことができませんでした。試合を控えた選手たちの気迫や鋭い眼差し、ACLに懸ける想いを目の当たりにし、魅了されてしまったからです。普段、何気なく会話をしていると普通の好青年たちですが、一歩ピッチに入れば、昨年のJリーグ王者のプロフェッショナルな集団。特等席で彼らとともに過ごせる時間は、贅沢以外の何物でもないな……と、カッコいい感じで書かせていただいていますが、仕事をしていなかったことがバレてしまいましたので、この場をお借りして上司に謝っておきます。すみません(笑)。

 練習が終わる頃には、すっかり暗くなっていました。夜空と照明に照らされた芝生の雰囲気って、幻想的で良いですよね。私は、Jリーグでもナイターが好きです(だって、早起きしなくていいですからね……って、またしてもごめんなさい!)。

 ホテルへ戻ると、夕食の時間です。エレベーターから食事会場へと繋がる通路は、異次元の世界へ連れてこられたかのような、なんとも言えない不思議な光を放つ空間です。練習場とスタジアム以外に外出できない状況でも、少しだけ海外に来ているワクワク感を与えてくれています。この通路を通るたびに、選手やスタッフと「いつか、この光景が懐かしくなる時が来るんだろうね」と話しています。翌日の初戦に備え、仕事も早めに切り上げて、この日は就寝しました。

みんなで声を掛け合いながら準備する「The ACL」

 試合当日。カタールで選手たちが躍動する姿を、ついに見ることができると、ワクワクした気持ちで目覚めました。3月にACLが中断してから9カ月間、この日を待っていました。朝食会場では、主務の山崎さんが選手・スタッフ分のコーヒーを作ってくれていて、もはや寮母さんです。選手たちの間でも「日に日にコーヒーが美味しくなっている」と評判の味です。

 今回の原稿ではまだ触れていなかったですが、相変わらず卵料理は出てきます。3皿並ぶとさすがに卵の主張が強いですが(笑)、いつもと変わらないこの時間が、普段と変わらずに準備していこうというメッセージにさえ思えてきて、試合当日はより重要だと再認識させられました。

 ちなみに、山崎さんがコーヒーマシンに注いでいるボトルの中身は水なのですが、焼酎に見える派vsウォッカに見える派で、スタッフ内では意見が分かれています。あまりにもくだらない余談で申し訳ありません(笑)。

 現地時間16:00(日本時間22:00)キックオフの試合でしたが、出発に向けた用具の準備は朝から始まります。ホペイロの緒方(圭介)くんを中心に、試合で着用するユニフォームを始めとした用具類をキットルームからホテルのエントランスまで運んで、用具車へと搬入していきます。個人的にはみんなで声を掛け合いながら準備する、この時間が「The ACL」という感じがして大好きです。

 選手・スタッフがスタジアムに到着する時には既にロッカールームが完成された状態になっていますが、そこに至るまでには多くの工程を経ています。素人の私から見ると大変な作業に見えますが、その作業を担当している緒方くんは常々「このホペイロという仕事を日本中に広めたい、認知してもらいたい」、「本当にやりがいのある仕事」だと話しています。

 いつの日か、子どもたちのなりたい職業ランキングにプロサッカー選手と並んでホペイロが入る時代が来るかもしれませんね。

コロナ禍の影響はウォーミングアップを行う場所にも?

 スタジアムに先に入る用具車とスタッフを乗せたバスを見送ったあと、ホテルの自室へ戻ると、昼食まで試合に向けた最終調整を行います。今年はコロナ禍での大会運営のため、様々なレギュレーション変更(例えば交代枠3名→5名)がありましたが、特にJリーグとACLでレギュレーションが異なる箇所を重点的に確認します。

 そして、チームマネージャーの重要任務であるメンバー表への記入準備も行います。Jリーグでも我々が担当するのですが、基本的にメンバー表は手書きで記入して提出。仮に記入ミスをしてしまうと、そのままメンバーが確定してしまう恐れがあるので、時間をかけて慎重に準備します。通常であればスタジアム到着後にマッチコミッショナーへ提出するのですが、今回は極力、人同士の接触を避ける、スタジアムの滞在時間を短くするということで、メッセージアプリを使用してメンバー表を送信します。感染症対策が徹底されており、大変興味深く感じられました。

 昼食を終えると、出発の準備です。自分がピッチに立ってプレーするわけでもないのに音楽を聴いたり、ストレッチをしたり、髪をピシッとセットしたりして、移動着に着替えて出発に備えます。どうしてだろう? 選手でもないのに……。

 メンバー表に監督からサインをもらって、バスに乗車。選手・チームスタッフとともに、いざスタジアムへ。移動はあの“ポリスエスコート”。警察車両が先導する形で、ほぼ車が通らない道を進んでいきます。渋滞なんてありませんし、恐らく信号もコントロールしてくれているのでしょう、バスは止まることなくスタジアムに到着しました。2022年に開催されるワールドカップに向けた整備が進んでいることを感じると同時に、国を挙げてのバックアップ体制に感動しました。ただ、隣の車線に目を向けると、同じ方向に向かう車で渋滞しており、少し申し訳なさも感じましたが……。

 バスは予定通り、キックオフの1時間半前にアル・ジャヌーブ・スタジアムへ到着。チームマネージャーの仕事の9割は事前準備にあると自覚しているので、スタジアムに到着してしまえば、あとは全力でチームの勝利を願うのみ。感染症対策で室内練習場が使用できないため、ロッカールーム周辺で選手たちはウォーミングアップを行います。ピッチでは、現地時間13:00キックオフの別試合が行われており、試合終了から私たちの試合開始まで1時間のインターバルはあるものの、同一会場で2試合続けて試合が実施されることもまた貴重な経験です。

F・マリノスサポーターの化身としてベンチから試合を見守る

 前の試合が終了し、我々の出番です。ウォーミングアップ前には、空港のイミグレーションに近い形で、選手の顔やAD、ユニフォームの背番号に間違いがないかのエキップメントチェックがあります。事前確認の際には「ユニフォームのシャツのみでOK」と言われていたのに、いざチェックが始まると「ユニフォームのパンツとソックスも持ってきて」とのこと。急いでロッカーに戻ってパンツとソックスを持ってきた選手たちですが、「これがACLだね」と口にする姿からは頼もしさも感じられました。チームマネージャーとしては二重チェックを怠っていた、という点で反省。この経験を次戦以降に生かしていきます! でも確かに、「シャツのみでOK!」って自信満々に言われたんだけどなあ(苦笑)。

 選手のウォーミングアップが始まると、あとは用具のサポートをしたり、チームスタッフとコミュニケーションを取ったり、ウォーミングアップのタイムコントロールをしたりと、Jリーグと変わらないルーティンを淡々と遂行しました。

 いよいよ選手入場です。通常はスタッフとサブの選手で、スタメンの11名を送り出しますが、今回はレギュレーション上、スタッフとサブの選手は先にベンチに向かい、スタメン11名はあとからロッカーアウトする流れでした。テレビ中継の関係でタイムコントロールは非常に重要です。時間通りにロッカーアウトできるかどうか心配な面もありましたが、そこは全く問題ありませんでした。また、ACLではチームマネージャーがベンチ入りスタッフに入ることが義務付けられているので、私自身も邪魔にならないようにベンチの端っこに座りました。平然を装っていましたが、実は内心は感動しっぱなし。名もない普通の会社員が、日本を代表してACLを戦うチームのベンチに座っているのですから。見栄えがいいようにいろいろな態勢で座ってみたり、「この椅子でリモートワークしたいな」とか考えたりしていました。

 2020年11月25日、現地時間16:00(日本時間22:00)、9カ月ぶりに横浜FMのACLがキックオフしました。渡航前の浦和レッズ戦や川崎フロンターレ戦でファン・サポーターの皆様から「カタールに行けない分、矢野さんに思いを託します!」と熱い気持ちを頂戴し、チームマネージャーという立場ではありますが、すべてのF・マリノスサポーターの化身となった気持ちで試合を見つめました。オビ(・パウエル・オビンナ)選手のPKストップや試合終了直前の天野純選手のゴールにより、1-0で劇的勝利。これ以上ない形でACL再開初戦を終えることができました。

 試合終了後は選手たちをベンチ前で迎え、1人ずつとハイタッチ。アドレナリンが出まくりの選手たちとのハイタッチは力強く、その一つひとつの感触を心に刻みました。ちなみに、チアゴ(・マルチンス)選手とハイタッチした時には、肩が抜けたかと思いましたよ。

選手たちの掛け合いは、もはや定番となりつつある光景に

 試合後は勝利の立役者である天野選手のメディア対応でバタバタ。Jリーグの時もそうですが、このバタバタぶりが勝利したことをより一層実感させてくれるんですよね。天野選手曰く、「スタジアムは独特の雰囲気があった」とのこと。それにいち早く慣れていくことが、優勝への近道なのかもしれません。

 そして試合終了後はロッカーでどんちゃん騒ぎ! といきたいところですが、感染症対策のため、選手たちはすぐにバスでホテルに帰るよう指示されます。この試合にキャプテンマークを巻いて出場した扇原貴宏選手が「帰るよー! 早く―!!」と促せば、他の選手たちが「待ってー!」、「早いよー!」と笑顔で返す。そんな光景は、もはや定番となりつつあります。

 スタジアムから出発する選手たちを見送ったあとは、残ったスタッフでロッカー内の後片付けです。洗濯物の仕分け作業から始まり、原状回復のために隅々まで清掃していきます。そういえば主催者側のご好意で、ロッカールームにはスナックの入った箱が置かれてあったのですが、箱はなぜか高く積まれていました。そのスナックを取るために緒方くんに肩車をしてもらったのですが、肩車なんて学生時代の体育祭ぶりでしょうか(笑)。思い出が積み重なっていく時間を過ごせていることにも感謝です。

 そんな幸せな時間を過ごし、選手バスを見送った約1時間半後には我々スタッフを乗せたバスと用具車もスタジアムを後にしました。これで試合日の一連の流れは終わり……かと思いきや、ホテルに戻れば用具のアフターケアがあります。私は夕食後、カタールに来て初めて寝落ちしてしまったのですが、ホペイロはその後も深夜2時まで作業をしていたそうです。本当に大変な仕事ですが、誇りを持って作業をしている彼らからは充実感に満ちた表情が見受けられました。

Football ZONE web編集部