ウディネーゼ相手に1失点のみで抑え、2-1の勝利に貢献

 サンプドリアの日本代表DF吉田麻也は、現地時間16日のセリエA第18節ウディネーゼ戦でセンターバックとしてフル出場。2-1の勝利に貢献し、イタリアメディアでは「正確な守備を見せた」と評価されている。

 サンプドリアは後半10分に、イングランド・プレミアリーグのリバプールへの移籍も噂されるアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルに先制点を許したものの、イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバのゴールで追いつくと、先日にセリエBのブレシアから期限付き移籍で獲得したFWエルネスト・トレグロッサによる途中出場でのデビュー戦、初ゴールで勝ち越して勝利した。

 センターバックを務めた吉田について、イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は吉田を「6.5点」として、「前半、プラチナクラスのゴールを救う場面があった。失点場面はサンプドリアの守備がデ・パウルに翻弄されたが、その責任は彼のものではない。試合終盤にはもう一つ素晴らしいインターセプトがあった」と高評価されている。

 また、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」でも採点は「6.5点」とされ、「ウディネーゼの攻撃は彼に多くの仕事を与えたが、正確な守備を見せた。前半は(ケビン・)ラザーニャを良く封じ込めた」と、こちらでも高評価だった。

 レギュラー争いの渦中にあり、右サイドバックで出場する試合もあった吉田だが、改めてクラウディオ・ラニエリ監督にセンターバックとしての有用性を示すゲームになったと言えそうだ。

Football ZONE web編集部