今オフに横浜FMから磐田へ移籍

 J2ジュビロ磐田に移籍した元日本代表FW大津祐樹が、自身のツイッターを更新。新天地での初トレーニングの模様を公開している。

 30歳の大津は2008年に柏レイソルでプロデビュー。11年7月にはブンデスリーガのボルシアMGに移籍し、12年8月からオランダのVVVフェンロへ。15年から古巣の柏に戻ると、18年から横浜F・マリノスに完全移籍し、19年にはチームのリーグ優勝に貢献したものの、20年シーズンは12試合無得点に終わっていた。2012年にはロンドン五輪代表として日本のベスト4入りを牽引し、日本代表としても2試合に出場している。

 18日に行われた新体制発表記者会見で、J1昇格への思いを語っていた大津。19日から非公開で練習が行われ、早速「トレーニングが始まりました」と写真をアップした。

 サックスブルーの練習着に身を包み、ボールとともにランニングする姿には、「イケメン……」「頑張ってください!!」といったコメントが寄せられている。

 磐田は27日から鹿児島トレーニングキャンプをスタートさせる。

Football ZONE web編集部