今季期待のルーキーを選出、新生浦和のボランチで台頭する大卒1年目MF伊藤敦樹

 2021シーズンのJリーグが、J1は26日、J2は27日、J3は3月14日に開幕する。新型コロナウイルスの影響を受けて例年とは異なる状況でのスタートとなるが、各クラブには今年も多くのルーキーが加わった。昨季は川崎フロンターレのMF三笘薫が、J1のルーキー最多得点タイ記録となる13ゴールを奪い、ベストイレブンにも選出される活躍を見せた。今季同様のインパクトを残す逸材は現れるのか。プロ1年目ながら、各チームの主力になり得るルーキー6人を紹介する。(文=河治良幸)

■伊藤敦樹(流通経済大→浦和レッズ/MF/22歳)

 流通経済大を経て加入したアカデミー出身の選手で、センターバックもボランチもできる。“恩師”である大槻毅前監督への感謝を忘れないが、リカルド・ロドリゲス新監督の下で申し子的な存在になっていきそうだ。実際にプレシーズンキャンプから高い戦術理解力を示して、指揮官の評価を高めている。

 キャプテンのMF阿部勇樹との2ボランチも補完関係はバッチリ。中盤の守備に加えて、サイドバックやセンターバックのDF槙野智章が攻め上がった背後のカバーリングも柔軟だ。いわゆるポジショナルプレーをベースに、5レーンの理論を落とし込むスタイルは流通経済大のコーチだった曺貴裁氏(現・京都サンガF.C.監督)から叩き込まれており、その部分のアドバンテージは大きい。

 ロドリゲス監督が就任して、チームとしてもベースを作る段階にある。連係面で試行錯誤の部分も多々あるが、そうしたなかでも攻撃面でチャンスに直結する配球ができるようになってくれば、大型ボランチとして代表クラスに飛躍していくかもしれない。

■小柏 剛(明治大→北海道コンサドーレ札幌/FW/22歳)

 今年の大卒ルーキーではナンバーワンの呼び声が高い選手で、鹿島アントラーズのDF常本圭吾やFC東京のDF蓮川壮大など、総勢12人のJリーグ内定者を輩出した明治大でも筆頭格と言える。昨年は特別指定選手としてJ1で4試合、ルヴァンカップ1試合を経験しており、プロの強度は体験済みだ。

 小気味良いボールタッチと俊敏な動きを駆使した高速ドリブルからの正確なシュートを最大の武器としている。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下でオフ・ザ・ボールの動き出しにも磨きをかけており、フィニッシュのバリエーションを増やしている。

 1年目の目標はチーム内得点王という小柏。下級生の頃から主力を張っていた気鋭のアタッカーにとって、MF安部柊斗(FC東京)やMF瀬古樹(横浜FC)など明治大で一緒にプレーしていた先輩たちがルーキーイヤーから活躍していることは、刺激にも自信にもつながっているはず。憧れの選手は元アルゼンチン代表のFWカルロス・テベス(ボカ・ジュニアーズ)だが、身近な目標としてはMF三笘薫(川崎フロンターレ)の名前もあげており、開幕前の時点で最も昨季の“三笘に近いルーキー”と言えるかもしれない。

逸材揃いの鹿島、DF林尚輝はブレイク候補の1人

■林 尚輝(大阪体育大→鹿島アントラーズ/DF/22歳)

 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が2年目となる鹿島アントラーズの新加入選手は、外国籍選手を除くと大卒、高卒、ユースからの昇格を合わせて6人全員が新卒選手という構成。昌平高で高校サッカー選手権を沸かせたMF須藤直輝や明治大から加入のDF常本桂吾など、1年目から出番を得そうな選手は他にもいるが、主力としてブレイクする可能性で言えばDF林尚輝を挙げたい。

 背番号23には「2番目の3番」という意味が込められており、現在は空き番号となっている”鹿島の3番”を付けることを目標に掲げている。大学時代は五輪代表候補でもあるDF田中駿汰(北海道コンサドーレ札幌)と一緒にプレーするなかで基準を引き上げており、どうすればそうしたレベルに辿り着けるかを見据えているのは大きな強みだ。

 特長はボールを奪える守備。さらに一発でアシストも狙える縦パスを武器に、攻撃時のポジショニングなど、ザーゴ監督のスタイルならではの課題に向き合っているようだ。まだ細かい判断などは学習している最中だが、ゲームコントロールの部分でも存在感を発揮していく自信はあるという。DF犬飼智也を筆頭にDF町田浩樹、DF関川郁万というタレントを揃える鹿島だが、かつての岩政大樹などタイトル獲得を支えてきたOBに比べれば、まだまだ絶対軸が定まっているとは言い難い。そのなかで意識の高い大卒ルーキーが突き抜けていく可能性は十分にある。

■児玉駿斗(東海学園大→名古屋グランパス/MF/22歳)

 現代サッカーにおいて“ファンタジスタ”という表現は必ずしも褒め言葉ではない。しかしながら、大学1年の時点で加入内定していたテクニシャンは2年次から特別指定選手としてチームに参加しており、風間八宏前監督の下で技術と見る目を引き上げ、マッシモ・フィッカデンティ監督の下でハードワークをベースアップさせながら、戦術眼を磨いてきた。

 創造性の高いパスセンスに疑いの余地はない。そこにハードワークや周りを使い、使われる意識を融合することで、“現代型ファンタジスタ”として才覚を伸ばしている。“タイトル請負人”でもある司令塔のMF阿部浩之に“弟子入り”して質問攻めにするなど、状況判断の向上にも余念がないようだ。さらにFW柿谷曜一朗との出会いも向上心を刺激しているようだ。

 現時点では4-2-3-1の2列目のあらゆるポジションで3番手ぐらいの位置付けだが、序盤戦の過密日程やセントラル開催のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)など、チャンスはいくらでもある。途中出場からでも違いを生み出せるタイプだけに、早い段階から注目しておいて損はないだろう。

無名の高卒ルーキーFW横山歩夢、J2で開幕からデビューか

■相良竜之介(サガン鳥栖U-18→サガン鳥栖/MF/18歳)

 注目を集めるサガン鳥栖のアカデミーが新たに送り出す俊英。2種登録だった昨季はJ1で4試合に出場して、第30節ガンバ大阪戦で初ゴールを記録した。立場上はルーキーだが、本人にそういう意識はないだろう。1年先輩のMF松岡大起やMF本田風智がトップチームの主力として活躍する姿を悔しい思いで見ていた相良は、遠慮なくレギュラー獲りに挑んでいく構えだ。

 持ち味は変幻自在のドリブルとサイドからでもゴールに絡めるセンス。そこに関してはJ1でも輝ける資質を示している。あとは鳥栖の生命線であるハイプレスの判断と強度に磨きをかけて、MF小屋松知哉など実力者が揃うウイング、サイドハーフのポジションを脅かしていきたい。同じ昇格組の仲間であり、ライバルでもあるFW兒玉澪王斗との競演にも注目だ。

■横山歩夢(東海大高輪台高→松本山雅FC/FW/17歳)

 DF藤原雄大(浦和レッズ)やMF須藤直輝(鹿島アントラーズ)、MF樺山諒乃介(横浜F・マリノス)などJ1での早期デビューも期待される高卒ルーキーが多いなかで、ほぼ無名の存在。しかしながらポテンシャルはトップレベルだ。東海大高輪台高は横山の2年時に選手権予選で準優勝、惜しくも全国出場を逃したが、昨年はまさかの1回戦敗退となってしまった。

 そうした環境でも積極的な売り込みで勝ち取ったプロ内定。さらにキャンプで評価を高めて、練習試合やゲーム形式の練習でファーストチームに入ることもしばしばだった。鹿児島で行われた清水エスパルスとのトレーニングマッチでゴールも記録している。

 J2の開幕戦デビューが期待され、スピードを生かしたプレースタイルから“ネクスト前田大然”との呼び声も高まっているが、本人はあまり意識しておらず、左右の足を駆使した変幻自在のドリブルなど、より柔軟性を感じさせるタイプだ。サプライズではなく、かなりの確率で活躍が期待できるタレントの1人として挙げておきたい。

Football ZONE web編集部