規律違反が発覚した杉本は「攻守のセットプレーで重要」と評価

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督が26日、リーグ開幕戦となるFC東京戦の前日会見を実施。自身にとっても浦和、J1でのデビュー戦になるゲームは難敵を相手にすることになるが、「いくつかのオプションがある」と不敵な笑みを浮かべた。

 ロドリゲス監督は昨季まで4シーズン徳島ヴォルティスを率いてJ1昇格に導き、今季から指揮を執る。始動後にDF橋岡大樹のベルギー移籍、FWレオナルドの中国移籍、MF柏木陽介とFW杉本健勇の規律違反が発覚。杉本は謝罪を経て復帰したものの、柏木は複数回の違反ということで移籍に向かうことで合意という、ピッチ外で激動したプレシーズンになってしまった。

 それでも指揮官は「状態は良いと思う。準備はしっかりしてきた。それが十分かはプレーしてみないと分からない。試合をすることで状態は上がっていく。私にとっては新しいチーム、新しい選手もいる。アイデアを理解させることに努めてきた。ここまでの蓄積が最初の勝利につながることを願っている。プレースタイルとして、攻撃的でアグレッシブで魅力的なものをお見せしたい」と、積み上げてきたものを表現した。

 そして、杉本については「素晴らしい特徴がある。プレスのところは、以前に映像で見た時は疑問符があったが、一緒にやってみたらしっかりできる。フィニッシュもできるし、攻守のセットプレーで重要。自信を持ってプレーすれば、必ずいいシーズンになる」と、チームに戻した以上は過去を引きずることなく評価しているところを見せた。

「常に難しい試合で、しっかり策を練って戦わないと勝ち点3は得られない」

 FC東京は昨季、新型コロナウイルスの影響により変則日程になったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)との並行日程にも苦しんでリーグ戦は優勝争いに絡まなかったが、ルヴァンカップを制するなど実力的には確かなものがある。その難敵との対戦を翌日に控え、「開幕のメンバーはもう決まっている」と話したロドリゲス監督は、試合をこう見据えている。

「相手のプレスをかいくぐるのは重要だが、チームでどのFWが出ているか、相手がどのようなプレスをかけるかを見ないといけない。東京戦もプレスをかいくぐるのが重要だと思うが、いくつかのオプションがある。常に難しい試合で、しっかり策を練って戦わないと勝ち点3は得られない。危険な場面を作られることもあると思うが、しっかり対応していきたい」

 今季は新加入選手も非常に多く、チームの3分の1程度の陣容が入れ替わって臨むことになる。デビューを飾る選手がいることも予想され、ロドリゲス監督にとってもJ1では初の采配になる。2007年以来のホーム開幕に「1試合目から完璧になるとは思わないが、選手が理解して実行しようとしている姿がある。勝利で喜びを与えたい。自信を持って今やっているプロセスの第一歩を見せたい」と話す。2度のアジア制覇を果たしている浦和が、ここ数年の低迷から復活する兆しを見せられるゲームになるかが注目される。

Football ZONE web編集部