3月の2連戦で代表復帰、試合出場なしも「手応えはすごくあった」

 浦和レッズの日本代表GK西川周作は、11日の徳島ヴォルティス戦で3本のファインセーブを見せてチームを1-0の勝利に導いた。3連勝を飾ったチームでパフォーマンスを高めている守護神にとって、約3年ぶりの日本代表復帰が大きなモチベーションになったという。

 西川は2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)を目指す日本代表で長らくプレーし、アジア最終予選でも全10試合中5試合でゴールを守った。しかし、本大会直前にバヒド・ハリルホジッチ監督から西野朗監督への交代が起こるなかで、最終メンバーから落選。それ以来、22年カタールW杯を目標にすると話していた。

 しかし、その思いとは裏腹に、サンフレッチェ広島時代に指導を受けた森保一監督が就任しても、日本代表へ招集されるチャンスがなかった。浦和も低迷期が続き、失点もかさんで西川の評価も厳しいものになっていく。しかし、リカルド・ロドリゲス監督が就任した今季、開幕から結果が出ずともプレー内容が向上していたなかで、3月に久々の代表チーム復帰となった。

 国際親善試合の韓国戦(3-0)、W杯アジア2次予選のモンゴル戦(14-0)ではいずれも出番がなかったが、日本代表に強い思い入れを持つ西川にとってモチベーションを高める時間になったという。

「(代表復帰は)僕自身かなり大きなもので、3年ちょっと離れていたことで、行ってすごく得るものがあった。試合には出ていないですけど手応えというのはすごくあって、目指し続けなければいけない。選ばれて満足ではなくて、日本のためにプレーするということをまた目標にしながら、とにかくチームで結果を残し続けるということが森保監督へのアピールにもなる。自分はベストなプレーを毎試合やっていきたい」

 そしてチームに戻った後に鹿島アントラーズ戦(2-1)、清水エスパルス戦(2-0)と2連勝して迎えたこの徳島戦では、前半11分にMF渡井理己のミドルシュートを鋭い反応でセーブ。さらに同35分にはゴール前に飛び込んできたMF宮代大聖との1対1を防ぎ、同39分にはペナルティーエリア内から放たれたMF藤原志龍のシュートを横っ飛びで弾き出した。この3本のファインセーブは、後半に決勝点を奪って勝利するチームを大きく助けた。

緊迫した展開の中でのファインセーブは「GKとしてのやりがいの一つ」

「GKとしてのやりがいの一つ。これが勝ち点1なのか3なのか、最悪ゼロなのかというところに繋がってくるポイントになったと思うので、こういう試合で90分間を通して、あのセーブがあったから勝ち点3が取れたという試合を、これからも多くやっていきたい」

 ここ数試合では、低空飛行で正確に飛んでいくパントキックがJリーグ公式ツイッターなどに取り上げられ、攻撃の第一歩になるプレーが切り取られてフォーカスされていた。しかし、この徳島戦ではゴールを守るという点で勝利に直結する活躍が光った。森保監督は代表活動中に「ここで得たものをクラブに持ち帰り、成長につなげてほしい」と話し続けていたが、西川は大きなモチベーションを得ながら、プレーでその要求に応えていたと言えるはずだ。

Football ZONE web編集部