トッテナムはマンUに1-3と逆転負け、ファウルによるゴール取り消しの場面が波紋

 トッテナムは現地時間11日、プレミアリーグ第31節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、ホームで1-3と逆転負けを喫した。その試合では前半33分、ユナイテッドがネットを揺らすも直前に韓国代表FWソン・フンミンに対するファウルがあったとしてゴールが取り消しになったが、この一件を機に勃発した「モウリーニョvsスールシャール」に英メディアが注目している。

 ビッグ6同士の対戦は、前半から波乱の展開となった。0-0で迎えた前半33分、ユナイテッドは敵陣ペナルティーエリア内でフランス代表MFポール・ポグバがスルーパスを送ると、抜け出したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが左足を振り抜き、ネットを揺らす。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入によりユナイテッド側のファウルが認められ、先制点は幻となった。

 ポグバにパスが渡る直前、敵陣右サイドでボールを保持したMFスコット・マクトミネイの体にソン・フンミンが手をかけて止めに行った際、振り払おうとしたマクトミネイの右手がソン・フンミンの顔面を直撃して転倒。主審がオンフィールドレビューで確認した結果、このプレーをファウルと判定し、ゴールを取り消した。

 その直後の前半40分にソン・フンミンが先制点を奪い、トッテナムは1-0とリードしてハーフタイムを迎えたが、後半に入るとユナイテッドの逆襲に遭い、最終的には1-3で逆転負けを喫した。そうしたなか、ソン・フンミンのファウル問題を巡り、ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督とトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督の舌戦に注目が集まり、英紙「ガーディアン」が両者のコメントを紹介している。

 マクトミネイの右手が顔に軽く接触したように見えたなかで数分間ピッチに倒れこみ、ゴール取り消しのきっかけとなったことについて、スールシャール監督は「自分の息子が3分間も寝転んだままで、起き上がらせるのに10人の仲間が必要であったのなら、食事は与えないだろう」と、ソン・フンミンの過剰なジェスチャーに皮肉めいた言葉を送っていた。

 これに反応したのがモウリーニョ監督だ。「ソニーの父親はオレよりも優秀である点を踏まえれば、ソニーは幸運だと言える。私は父親であり、父親というものは常に子供を養わなければならない。例え子供が何をしたとしても、だ。子供を養うのに盗みを働かなければならないのなら、私は躊躇しないだろう」と、ソン・フンミンへの批判を牽制していた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「モウリーニョvsスールシャール」と大々的に取り上げ、「ゴール取り消しは妥当だったか? いや、そうは思わない。スールシャールとモウリーニョが試合後、この事件について意見を述べており、互いに反発し合っていたのは明らかだ」と言及している。仮にユナイテッドが勝ち点を落とす展開となっていたら、この一件はより大きな波紋を呼んでいたかもしれない。

Football ZONE web編集部