【元プロサッカー選手の転身録】小椋祥平(元水戸、横浜FMほか)前編:J2から成り上がった16年のプロキャリア「運が良かった」

 世界屈指の人気スポーツであるサッカーでプロまでたどり着く人間はほんのひと握り。その弱肉強食の世界で誰もが羨む成功を手にする者もいれば、早々とスパイクを脱ぐ者もいる。サッカーに人生をかけ、懸命に戦い続けた彼らは引退後に何を思うのか。「Football ZONE web」では元プロサッカー選手たちに焦点を当て、その第2の人生を追った。

 今回の「転身録」はかつて横浜F・マリノスや水戸ホーリーホックなどに所属した小椋祥平(35歳)。2004年にJ2リーグの水戸ホーリーホックに加入すると、ボランチとして相手キーマンを密着マークする姿から“マムシ”の愛称で親しまれた。その活躍が認められ、08年に横浜FMへステップアップ。負傷に苦しみながらも19年にヴァンフォーレ甲府でスパイクを脱ぐまで、全力でプロキャリアを駆け抜けた。そんな“雑草魂”を持つ男は今、サッカー界を離れてビジネスの世界へ飛び込んでいる。前編では、年俸180万円から成り上がった現役時代の奮闘を振り返る。(取材・文=藤井雅彦)

   ◇   ◇   ◇

 2020年1月、“マムシ”の愛称で親しまれた小椋祥平の現役引退が発表された。

 最終所属のヴァンフォーレ甲府では自慢のボール奪取能力に加え、司令塔としての役割も果たすなどチームの中心としてプレーした。その証拠に自身ラストシーズンとなった2019年も累積警告で出場停止処分が科せられた最終節を除く41試合に出場。惜しくも敗れた徳島ヴォルティスとのJ1参入プレーオフ1回戦でも先発フル出場している。

 しかしシーズン終了を待たずして告げられたのは契約非更新という厳しい現実だった。甲府ではコンスタントに出場機会を得ていたとはいえ、キャリア後半は本来の力を発揮しきれなかった印象が強い。病気や負傷といった自身のアクシデントだけでなく、財政事情や編成方針といった外的要因にも翻弄された。

 引退から1年以上が経過したが、トレードマークの無精ひげと口角が上がる笑い方はほとんど変わらない。人懐っこくも礼儀正しい姿勢もそのままだ。

「水戸から始まり甲府で終わるまでプロとして16年間プレーさせてもらって、最初は苦しいスタートだったけどトータルで考えると運が良かったと思います。技術的に優れた選手がたくさんいる世界で、それなのに巡り合わせが悪くて消えていく選手を数多く見てきました。自分がプロとしてスタートした頃の技術や立ち位置を考えれば、本当に奇跡のような時間でした。手前味噌になってしまうけど、今、下位カテゴリーでプレーしている選手の希望になるような歩みなのかなぁ、と」

 2004年にJ2の水戸ホーリーホックでスタートしたプロ人生だが、エリート街道とは正反対の日陰道を歩いてきた。プロになる前も、プロになってからも、将来を嘱望される存在ではなかった。

「上には上がいることを知った」国体メンバーでの経験

 小学校1年生でサッカーを始めた。転勤族の父親とともに全国を渡り歩き、当時は大阪に住んでいた。3歳上の兄・喬児(きょうじ)がサッカーにのめり込んでいたことも理由だったが、それ以上に大きかったのが身近なところにあったガンバ大阪への“憧れ”だ。

「ちょうどJリーグが開幕した頃だったので、華やかな世界に目を奪われました。住んでいた地域はガンバ大阪推しだったこともあり、自分も自然と応援するようになりました」

 所属した日吉台ウイングスでは、1学年下に東口順昭(現・G大阪)がいた。それに気づいたのは20年以上も経ってG大阪でチームメートになってから。小椋は2年生の終わりに千葉へ引っ越した。

 小学校6年生でFC東京U-15のセレクションを受けるも、あえなく落選。街クラブでサッカーを続けて船橋市トレセンに選ばれていたもののJリーグの育成組織でプレーするようなエリートではなく、市立船橋や八千代といった強豪高校にスポーツ推薦で入学するのは難しかった。

 岐路に立たされた小椋の道標となったのは、身近な存在である兄だった。

「兄は東京の修徳高校で冬の高校サッカー選手権にも出場するくらいの選手だったんです。左利きのウイングで足が速かった。選手権に出場している兄を応援に行って、自然とあの舞台に憧れました。それに東京都なら2校が選手権に出られる。そんな不純な動機で修徳高校に進学しました(笑)」

 修徳では1年次からAチームのメンバーに選ばれ、2年生になった頃にはレギュラーの座を獲得。その頃からポジションはボランチで、相手のボールを奪うことが何よりも楽しかった。

 しかし高校3年間は東京都予選ベスト4が最高で、選手権出場という目標は達成できず。小椋自身はというと東京都国体メンバーに選出されていたものの、修徳のコーチが監督を務めていたため、いわゆる忖度を感じずにはいられなかった。

「国体メンバーは錚々たる顔ぶれでした。同い年にはFC東京の梶山陽平や李忠成(現・京都サンガF.C.)がいて、東京ヴェルディや帝京高校の選手もいました。修徳からは2人が選ばれたけど、僕なんかはまったく場違いで……。ボランチの梶山をわざわざトップ下にして僕を起用してくれたけど、僕自身は自分の力不足を痛感しました。それで国体が終わった後にサッカーをやめようと思ったんです。結局は監督やコーチに説得されて最後まで続けましたが、上には上の存在がいることを知りました」

 Jクラブからオファーをもらうような立ち位置ではなく、関東大学リーグの強豪からも誘いは来なかった。地方大学からいくつか声をかけてもらったが、一人暮らしなどで親に経済的負担をかけたくないという思いもあった。

背中を押した兄の言葉、「マムシ」の愛称を手にしたジュニーニョへの密着マーク

 そんな折、修徳高校の監督のつながりでJ2の水戸ホーリーホックに練習参加する話が浮上する。そこでのパフォーマンスが認められ、なんとかオファー獲得にこぎつけた。

 だが、それでも小椋は悩んでいた。

「絶対に必要とされているオファーではないし、プロになった先の保証はないという話も聞かされていました。どうするべきか悩んでいた時に相談したのが兄でした。そうしたら『プロになれるチャンスがあるのはありがたいこと。それでダメだった時は、その後に大学へ行けばいい。なれるチャンスがあるなら挑戦してみたらどうだ?』と背中を押されて。自分の中で最初に火が点いた出来事です」

 こうして小椋は水戸の一員としてJリーガーになった。

 ただしJ2の下位を彷徨うチームは、サッカーのレベルはもとより環境もシビアだった。少年少女が思い描く華々しい世界と正反対のスタート地点は今でこそ懐かしく語れるが、そこから成り上がれる確率はいったい何パーセントあったのか。

「プロ1年目は年俸180万円だったので月15万円の生活でした。ただ寮費が2万5000円、食費も2万5000円かかり、そこから税金や選手会費が引かれて、手元に残るのはほんのわずか。選手寮もエアコンがついていない6帖一間でした。ガソリン代節約のためにチームメートと車に乗り合わせて練習グラウンドへ通っていました(苦笑)」

 念願のプロデビューはレギュラー選手が病欠した左サイドバックの代役として。だがチームは勝利できず、その後の出場機会でも良いパフォーマンスを見せられない。気がつけば9月となり、単年契約の小椋は先の見えない秋を迎えていた。

 転機が訪れたのは、シーズン終盤の川崎フロンターレ戦だ。その試合で小椋はJ2で異次元の得点力を誇り、そのシーズンに39試合37得点を挙げたジュニーニョへのマンマークを命じられる。マイボール時も攻撃に参加することなく、とにかく90分間ジュニーニョを追いかけ回す。“マムシ”の異名をほしいままにした試合だ。

「自分が生き残るために必死にやるしかありませんでした。ブラジル人は何をされたら嫌なのかを必死に考えて、先輩に教わったポルトガル語で挑発し続けました。ユニフォームを引っ張るなんて序の口で、審判に見えないようにスパイクを踏んだりもしました。もしVAR判定があったら、僕は何度も退場していたと思います(苦笑)。本音を言えば、そんなことやりたくなかった。でもやらないと自分の居場所がなくなってしまうので、やらないといけなかった。もしジュニーニョ選手に得点されたら、完全に自分の責任になってしまう。なんとかゴールは許さなかったけど、試合には負けてしまいました」

 2-1で勝利した川崎は2位以内を確定させ、5年ぶりのJ1昇格を決めた。水戸のホームゲームながらも昇格に沸いたのは想像に難くない。その裏で“事件”は起きていた。

「フロンターレの選手やスタッフが昇格を喜んでいて、僕たちはロッカールームで肩を落としていました。そうしたらジュニーニョ選手が水戸のロッカールームを訪ねてきて『28番(当時の小椋の背番号)を呼んで』と言っているというんです。僕は試合中のラフプレーを謝ろうと思ったのですが、顔を合わせた瞬間にジュニーニョ選手が飛びかかってきて。すぐ近くにスタッフや選手がいたので大事にはならなかったけど、和解するどころか完全に恨まれてしまいました(苦笑)」

横浜FM移籍で手にした一つの成功、胸に刻まれた大先輩からの言葉

 様々な意味で描いていた青写真通りとはいかなかったものの、この試合でのパフォーマンスがきっかけでチームを率いていた前田秀樹監督とチームメートからの信頼を勝ち取ることに成功。以降はコンスタントに出場機会を得るようになり、水戸では濃密な4年間を過ごした。毎年少しずつ上がっていく年俸は、自分自身がサッカー選手であることを実感できるかけがえのない出来事だった。

 水戸の中心選手としてプレーする充実感を覚える一方で、高いステージへチャレンジしたいという欲が湧いてくるのは自然な流れだろう。プロ3年目の終わりに北京五輪出場を目指す年代別代表に長友佑都(現マルセイユ)や岡崎慎司(現ウエスカ)とともに初招集されたことも、小椋の向上心をさらに強くした。

 こうして安住の地を飛び出し、人生初の移籍を決意する。行き先は名門の横浜F・マリノスだ。

「年俸は水戸時代よりも上がったけど契約年数はこれまでと同じ単年で、その時の自分は複数年契約というシステムがあることすら知りませんでした(笑)。でも支度金も用意してもらえて、新しい環境へ飛び込むモチベーションは高かったです」

 J2での活躍が認められて個人昇格を果たしたとはいえ、全国的には無名の存在に過ぎない。だからチームメートからの風当たりが強かったのも事実で、J1での実績豊富な集団に放り込まれたのだから無理もないだろう。開幕からベンチ入りしたものの、リーグ戦での出場機会はなかなか訪れなかった。

 そこで小椋はとにかく「ボールを奪う」という武器に磨きをかけ、次第に先輩たちに認められていく。

「きっかけは(河合)竜二さんの言葉です。『お前、ボールを奪う能力は本当に凄いよな。でもボールを奪った後がマジで下手だよな(笑)。だから奪ったらすぐにパスしろよ。オレたちがどうにかしてやるから』って。それで頭の中を整理できました。テクニックに優れた選手たちの近くにいて自分も背伸びしていたけど、まずは自分ができることをガムシャラにやろうと思いました」

 相手をひたすら追いかけ回し、とにかくボールをむしり取る。奪ったボールをすぐさま味方に渡し、チームの攻撃回数を増やす。いつしか小椋のボール奪取能力は横浜FMの欠かせない武器となり、在籍した7年間でJ1リーグに142試合出場した。次第にその名は全国区となり、シーズンごとに上がっていった年俸は1000万円の大台を軽々と突破した。

 年俸180万円からスタートした男が、Jリーガーとして一つの成功を収めた。そんな小椋には尊敬してやまないあの大先輩との忘れられないエピソードがある。

「車を買い替えるタイミングがあって、その時にマツさん(故・松田直樹)に言われた言葉は今でもしっかり覚えています。どの車にしたらいいのか悩んでいて相談したんです。そうしたら『オレたちが安い車に乗っていたら、Jリーガーとして子どもたちに夢を与えられないだろう。ピッチで活躍するのは前提で、プライベートでもいい車に乗って、いい洋服を着る。そういう姿を見て子どもたちやその親がサッカー選手の価値を知ってくれるんだよ』って。刺さりましたね(笑)」

 小椋が高級外車を選んだのは、あらためて言うまでもないだろう。

プロサッカー人生に悔いがないからこそ「サッカー以外」の道へ

 2014年いっぱいで横浜FMを退団してからもG大阪やモンテディオ山形、そして甲府でプレーした。ただ、やはり全盛期は横浜FM時代で、日本代表のラージグループとして国際大会にも予備登録された。そして偉大な先輩たちに認められ、信頼してもらえたことが小椋にとって大きな財産となった。

 プロサッカー選手として酸いも甘いも知った。ギリギリの線でJリーグの世界へ飛び込み、一心不乱に頂上付近へ駆け上がった。Jリーガーとして過ごした16年間のプロサッカー人生に一切悔いはない。

 だからこそ、次なる活躍の場として「サッカー以外」を求めた。

「サッカー選手としてはひと区切りしたと思っています。指導者のライセンスは一切持っていないですし、サッカー以外で何かできないか考えました。サッカー界しか知らないのは一人の社会人として物足りない気持ちもありました。いろいろなことを勉強して、挑戦した結果、サッカーに戻ってくることもできるはず。だから今は新たなフィールドで頑張ろうと思います」

 ピッチを離れた“マムシ”は、実はあまり執念深くなかった。それよりも新たなステージでの挑戦に目を輝かせ、胸を高鳴らせている。

 小椋祥平のセカンドキャリアが始まった。(文中敬称略)

Football ZONE web編集部