「闘莉王TV」で3月の日韓戦を振り返る、韓国は「手も出せなかった」

 日本代表は3月25日に行われた国際親善試合の韓国代表戦で、3-0と歴史的な大勝を飾った。かつて日韓戦を2度戦った経験のある元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、「韓国の気合が入ってもどうしようもない。日本のほうが全然上」と分析。「レベル的にラフプレーをしても格好悪いだけ」と語り、韓国代表MFの蛮行が物議を醸した一戦で、両代表間に生まれたかつてないほどの差の存在を指摘している。

 親善試合としては10年ぶりに実現した日韓戦。東アジアのサッカー界で宿命のライバルと呼ばれる両代表だが、今回の一戦では日本が3-0と圧倒した。

「今回の試合に関しては(韓国は)手も出せない。『そこまでのレベルに僕らはいってませんよ』っていう証明なんじゃないかなと。気合いが入ってもどうにもならない」

 闘莉王氏は自身の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」で日韓戦について語り、今回招集された両国代表メンバーのレベル差が相当大きかったと分析した。

 日本から見て通算15勝23分42敗と歴史的に韓国に分がある日韓戦。「昔は韓国代表のほうが上だった」と闘将も認めていたが、今回のゲームでは「(韓国は)お手上げ」とまで言い切った。

 試合では後半23分に先発フル出場を果たしたDF冨安健洋(ボローニャ)の顔面に、相手MFイ・ドンジュン(蔚山現代)の振り上げた手が当たって歯が折れるというショッキングなシーンが波紋を広げた。闘莉王氏は相手に圧倒された試合のなかでは、「レベル的にラフプレーをしても格好悪いだけ」との持論を展開するなど、「闘莉王TV」で興味深い日韓戦論を語っている。

Football ZONE web編集部