【ドイツ発コラム】毎年のように主力流出も…ボビッチ氏らを中心としたフランクフルトは的確な戦力補強に成功

 元日本代表MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトは、この数年間、毎年のように主力選手の移籍がありながら、自分たちの経営基盤で動ける範囲で的確な戦力補強に成功している。

 2016年、守備の要だったDFカルロス・サンブラーノがクラブを去ることになったが、19歳のDFヘスス・バジェホをレアル・マドリードからレンタル補強。17年にストライカーだったFWハリス・セフェロビッチが移籍するとFWセバスティアン・アレがその穴を十二分に埋めた。

 17-18シーズンにDFBポカールで優勝するとトップクラブからの注目を集め、GKルーカス・フラデツキー(→レバークーゼン)、FWケビン=プリンス・ボアテング(→サッスオーロ)、FWマリウス・ヴォルフ(→ドルトムント)ら主力が引き抜かれていったが、GKケビン・トラップ、MFフィリップ・コスティッチ、DFマルティン・ヒンターエッガー、DFエヴァン・ヌディカ、MFセバスティアン・ローデと次々に新戦力補強に成功すると、彼らがその後中心選手へと成長していく。19年には前年驚異のオフェンストリオとしてクラブの躍進を支えたFWルカ・ヨビッチ(→レアル・マドリード)、FWアンテ・レビッチ(→ACミラン)、アレ(→ウェストハム)がいなくなったものの、FWアンドレ・シウバ、MFジブリル・ソウ、そして鎌田が確かな存在感を示している。

 来季に向けても、ウニオン・ベルリンの左サイドバック(SB)を務めるDFクリストファー・レンツと、トルコの19歳逸材FWアリ・アクマンの獲得が決まっている。どちらもかかった移籍金はゼロ。獲得は自分たちだけで決めたりはしない。

 重要なのは、やはり監督からのゴーサインだ。強化部主導の移籍はフランクフルトではありえない。そうしたネットワーク、コミュニケーションも今ではデジタル化が進んでおり、相互間のやり取りが非常にスムーズになっているという。

 16年からフランクフルトで代表取締役を務めているフレディ・ボビッチは、この5年間でクラブの将来に向けた土台作りを大切にしてきた。

 クラブフィロソフィーが大事というのは誰でも知っている。でも、そのフィロソフィーがどこまで浸透しているだろう。主観的な判断でしか測れない。だからこそボビッチを中心としたプロジェクトチームは、フランクフルトに関わる誰もが明確に自分たちの立ち位置、目的、方向性を共通認識として持てるように取り組んできたのだ。

「決定的な要素は、これまでクラブにいた人たちと、これからクラブに来る人たちとの知識と成功を融合させること。そのために重要なポストにいる人が一定期間しっかりと留まり、どんな変化があったとしても、フィロソフィーがしっかりとクラブに残ること。フランクフルトのフィロソフィーを実践できるために、取り組み続けていくこと。チャレンジしていくことなんだ」

クラブフィロソフィーを“デジタル化”、体制一新の来季に真価が問われる

 ボビッチのほかにスポーツディレクター(SD)のブルーノ・ヒュブナー、そしてアディ・ヒュッター監督が柱となり、プロジェクトは進められていった。クラブ内スタッフで知識を獲得し、明確な役割を作り上げ、クラブが持つ競争力を高めることが重要だった。

「ピッチ内外における個々のパフォーマンスを向上させ、そこで得た知識を共有できるようになるためにデジタル化を進めてきた。トップチームの監督やアシスタントコーチ、そしてアカデミーをつなぎ合わせることができるし、さらなる成長を目指すことができる。そうやってネットワークとコミュニケーションをデジタル化することで、自分たちの仕事は非常に促進されてきた。テクノロジーで解決策を探すことが答えではなく、テクノロジーの導入がコミュニケーションを妨げることになってはいけない。一番大事なのはノウハウと結果を将来のために、クラブに持続的に残るということなんだ」(ボビッチ)

 16年にソフトウェア会社のSAPとパートナー契約を結び、まずはプロチームで導入。18年にはそのノウハウを基に、育成アカデミーでも完全デジタル化を導入。例えば選手はスマホやタブレットなどの端末で、すぐに映像を呼び出して確認することができる。個々の選手ごとにカテゴライズされた改善点や課題が、いつでもすぐにチェックできるというものだ。

「特に他のブンデスリーガクラブにないことは、クラブフィロソフィーを網羅することができた点だ。すべてのクラブスタッフ、プロチームだけではなく、育成アカデミーの監督、コーチ、選手、スタッフ全員が見ることができる。個々の選手データ、戦術データ、トレーニングコンセプト。すべてが見られる。そして年配の人でもシンプルにすぐ活用できるような工夫もされている。

 フランクフルトとはどういうクラブか? フランクフルトはどこを目指すのか? どんなサッカーを志向するのか?

 首脳陣はこうしたソリューションを作り上げたことを誇りに思う。ここから将来に向けて変化も生じるが、そのための大事なベースを作り上げることができたというのは本当に重要だと思う」(ボビッチ)

 自分たちの仕事をできる限りデジタル化し、数値化し、作業を最適化できるようになった。問題があったら早めに見つけ出し、解決へ導くことができるという。

 サッカー界の変化は速い。ボビッチはヘルタ・ベルリンへ移り、ヒュブナーは引退し、ヒュッターはボルシアMGの監督就任が発表された。それでもフランクフルトには彼らが作り上げたベースが残る。新しい人事編成となる来季以降、フランクフルトがどのようにクラブとして成長していくのか楽しみな限りだ。

Football ZONE web編集部