【英国発“ゴシップ”斜め読み】英紙が“上位7人”を発表、「なぜこの人?」という人物も…

 それまで月刊誌や週刊誌の仕事を中心にしていたことで、2001年7月に報知新聞社の英国番通信員となってからまず実感したのは「新聞は毎日出版するもの」ということだった。というわけで、こっちが黙っていると、毎日仕事をすることになる。

 その連日の仕事となるのは”外電”と呼ばれるもので、こちらのニュースをチェックして、会社に知らせる業務だ。当時、まず毎朝、近所の売店で新聞を買い漁ることが日課になった。うちは田舎なので、一番近い売店まで片道約1キロ。往復2キロの道のりを、まさにこれは例えではなく、毎日毎日、歩いて通った。

 それが近年では新聞記事もオンラインが主流なので、歩く必要はなくなったが、1日に2時間のエクササイズが必要な愛犬ハナ(ウェルリッシュ・シープ・ドッグ。ボーダーコリー犬の一種)との散歩で運動不足には陥っていない。

 それはともかく、20年もこの作業を続けているなかで、面白い記事なのだけど紙面がなかったり、新聞の外電向きではないということで紹介できないものも多い。ここではそんな記事を紹介していきたい。

 今回は英大衆紙「ザ・サン」のこんな記事から。

「欧州サッカー界の不動産ベスト7――最も高価なのは誰の家?」

 どうして切りのいいところでベスト10ではなく、「7位」までなのかは分からないが、こんな記事を見つけた。ランキングを見ると、なるほどと納得する名前のなか、「なぜこの人が?」という人も混ざっている。内訳は5人が引退選手で現役選手は2人。国籍を言うと2人が誰だかバレてしまいそうだが、アルゼンチン1人、ポルトガル1人、ブラジル1人、そして英国人が4人という結果になった。英国メディアの報道なので、当然ながら家の価格は英ポンドの表記となる。

 それではまず第7位から。

■7位:ジョン・テリー 500万ポンド(約7億8000万円)

 1人目の英国人。ご存知泣く子も黙る元チェルシー主将。番長的な存在で有名。カジノ通いや仲間内での派手なパーティーを催すことでも知られて、金遣いが荒いというイメージだったが、ところがどっこい、不動産運は抜群のようだ。

 記事によると、2014年に前の持ち家をなんと1600万ポンド(約24億9600万円)で売却したという。1990年代後半から凄まじい不動産ブームが起こった英国だが、テリーはこの売却で1000万ポンド(約15億6000万円)もの利益を得たという。それならアストン・ビラでのコーチ業でも、人工芝ピッチもある7寝室6浴室の7億8000万豪邸に住めるわけだ。ちなみにこの人、自宅以外の不動産を全部合わせると、4700万ポンド(約73億3320万円)もの資産になるという。意外な不動産王。番長のくせにやるものだ。

これだけの豪邸だとメッシも簡単には移籍できない?

■6位:ニッキー・バット 550万ポンド(約8億5800万円)

 2人目の英国人で、このリストにいるのが最も意外な人(唯一意外かも)。この人の名前を聞くと、元日本代表MFで現解説者の戸田和幸氏がトッテナムの入団会見で「プレミアで好きな選手は?」と地元記者に聞かれ、やけにいい発音で「Nicky Butt!」と答えたことを思い出す。それだけならそれほど強烈な思い出にはならないのだが、実はこの直前に筆者も同じ質問を日本語でして、「同じリーグに来たら好きも憧れもない。誰が相手でも、ロイ・キーンでもけずるだけ」(記憶だけで書いているので、このコメントが正確かどうか自信はないが)という答えをもらった直後だっただけに、ニッキー・バットの名前が強烈に刷り込まれたわけだ。「同じ質問なのに」と、狐につままれたような気持ちになったことも忘れられない。

 現役時代はものすごく強かったマンチェスター・ユナイテッドの“一軍半”という印象だが、それでも堅実で隙のないプレーをしてイングランド代表にも選ばれた。確かに戸田氏が”好き”というのも分かる、玄人ウケしそうないぶし銀の選手だった。どうやら実生活でも無駄使いせず、マンチェスターの高級住宅街に屋内プールや映画ルームがある8億5800万円もの豪邸を手に入れることができたようだ。

■5位:リオネル・メッシ 600万ポンド(約9億3600万円)

 この次のポルトガル人選手とともに、国籍を明かすと誰だかバレる選手。ニッキー・バットのちょい上では申し訳ない気持ちがするのも仕方がないほど、実績は雲の上。なんせバロンドール6回受賞の選手。しかし、その持ち家価格ランクでは5位に甘んじた。

 ただし、その豪邸はバルセロナ市内から約20キロ離れた郊外の超高級住宅街「カステイダフェルス」にあり、小さなサッカー・ピッチ、プール、インドアのジム、そして3人の子供が楽しく遊べる遊園地もある。その詳細を見ると、気候の良さも加えて、英国の住宅の倍くらいの値打ちがあるように見える。しかしこんなにいい家じゃ、そう簡単に移籍はできないなあ。家族5人の生活も幸福そうだ。

“投資上手”なカカ、ルーニーの大邸宅は“スーパーマーケット級”?

■4位:クリスティアーノ・ロナウド 800万ポンド(約12億4800万円)

 というわけで、ポルトガル人選手でこのリストに入れると言えば、やっぱりこのお方。しかしメッシとともに近年のサッカー界をリードし、アルゼンチンの天才よりさらに金持ちイメージのクリロナからすると、800万ポンドは安いように感じてしまうから、昨今の欧州サッカー界の金満ぶりは怖い。筋トレの後にクールダウンするため、当然のようにインドアのプールありの豪邸。2018年のトリノ移住の際に見つけた家だが、マドリードの家と”雰囲気が似ていた”のが購入の決め手だったという。庭からはトリノが一望できる超絶景も、この家のお値段に含まれているのは間違いない。

■3位:カカ 900万ポンド(約14億400万円)

 ブラジル人といえば「ネイマール?」と思った人も多いのでは? しかしこのリスト入りしたのは2000年代のヒーロー、カカ。2009年にレアルに移籍し、マドリード市内の閑静な住宅街「ラ・フィンカ」に購入した当時の価格は640万ポンド(約9億9840万円)。それが現在では日本円で14億円を超える資産になった。ボールさばきだけではなく、投資もお上手。MLSに移籍した後は、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルに月1万6000ポンド(約249万円6000円)で貸し出したというから、運用もお上手。もちろんプール付きの豪邸……って言わなくても分かるか。

■2位:ウェイン・ルーニー 2000万ポンド(約31億2000万円)

 3人目の英国人はイングランド代表通算ゴール記録保持者の“ワンダーボーイ”ルーニー。なんとなんと、その家の価格は31億円超えで、3位カカの倍以上。近所では”モリソン御殿”と呼ばれるとか。ちなみに「モリソン」は英国のスーパーマーケット・チェーンのこと。そのくらいバカでかいのだという。

 またこの大邸宅内には、そのサイズに負けないほどのどデカいインドア・プールもあるという。男女別の更衣室が設置されているというから、もうこれは個人所有のレベルではない。しかもサウナやスチームルームも完備。もちろん、ルーニーも稼ぎに稼いだが、お隣のかわい子ちゃんイメージの奥方コリーンさんもダイエット本やビデオで大儲け。リバプールの労働者階級からの”超成り上がり人生”がここで完結している。

金額は2位の約2倍…やはり断トツの“ベッカム様”

■1位:デイビッド・ベッカム 3950万ポンド(61億6200万円)

 と、言われてみればこの人で決まりである。個人的な思い出で申し訳ないが、この人には筆者も本当にお世話になった。当時の外電デスクに「ベッカムがさあ、”様”って付けられるくらい人気なんだよ。なんでもいいから彼について記事があったらすぐに送って」と言われて、報知新聞で始まったのが「ベッカム通信」。2002年の日韓ワールドカップで人気爆発してから3年余りで400本以上の記事を送った。ご存知元祖サッカー・アイドル。いや〜本当に凄い、というか凄まじい人気だった。

 というわけで、稼ぎもその人気にふさわしい額に到達。たぶん、年俸に『イメージ・ライト』が加えられたのもこの人が最初のはず。そして英国内でも不動産価格が急騰しまくったロンドンということもあるが、なんとベッカム邸のお値段61億6200万円也。しかもMLSマイアミのオーナーであることでも分かるように、この人の資産はサッカー界でもベッカム、いや別格。元スパイスガールズの妻ビクトリアとともに築いた財産はなんと3億3900万ポンド、日本円にして528億8400万円という。はい、お後がよろしいようで。

Football ZONE web編集部