G大阪戦で高速ドリブルから巧みな一撃、今季5点目に海外メディアも注目

 川崎フロンターレのMF三笘薫は、8日に行われたJ1リーグ第13節ガンバ大阪戦(2-0)に途中出場し、鮮やかな突破から今季リーグ戦5ゴール目を決めた。この一撃に海外メディアも反応し、「輝かしいシュート」と称えている。

 2位名古屋グランパスとの直接対決で2連勝を飾り、開幕から14戦無敗の快進撃を見せる“王者”川崎は、アウェーのG大阪戦でも猛威をふるった。前半41分、FW長谷川竜也が仕掛けてボールロストしたこぼれ球にFWレアンドロ・ダミアンが反応して先制。そして1点リードのまま迎えた後半25分、長谷川に代わって三笘がピッチに投入された。

 東京五輪世代のアタッカーに見せ場が訪れたのは、6分後の同31分だった。中盤でのボール奪取からパスをつないだ川崎は、DF登里享平が左サイド前方のスペースへ走り始めた三笘の動きを見逃さずに浮き球のスルーパスを送る。並走したG大阪DF佐藤瑶大を加速で上回り一歩前に出ると、絶妙なタッチによるワントラップ目で右斜め前へ切れ込む。三笘はそのままペナルティーエリア内に持ち込むと、最後は右足を鋭く振り抜き鮮やかにゴール右隅へ流し込んだ。

 爆発的なスピードとシュート技術の高さを見せつける一撃となり、Jリーグ公式ツイッターは一連のショートカウンターを「美しく、鋭く襲いかかる」と称えて動画を公開すると、ファンからは三笘のファーストタッチの上手さや加速力に賛辞が送られていた。また衛星放送「FOXスポーツ」アジア版公式ツイッターも、無敗の快進撃を見せる川崎の試合結果を投稿しており、そのなかで三笘の2点目を「ファーポストに輝かしいシュート」と称賛している。

 開幕15戦無敗(13勝2分)の快進撃を支える三笘のプレーぶりを、海外メディアも高く評価しているようだ。

Football ZONE web編集部